パリ~ルーベ2019の感想と重大って程ではない発表

NO IMAGE

どうも、せんちゃんです。

いや~春のクラシックシーズン、出来るだけ早く寝ないと死んじゃう生活のせいでレースを追えていませんでしたが、バチバチに熱いです。

というわけで本日のパリルーベの感想です。

小生は一旦レースの中盤、のこり120㎞くらいから観戦開始、丁度応援しているユンボ・ヴィズマのファンアールトが遅れ気味になってて慌てました。まぁレースは長いので安心でしたが……

先頭で逃げていたのはクイックステップのフィリップ・ジルベール、ボーラのルディガー・ゼーリヒ、カチューシャのニルス・ポリッツの三人、20秒から30秒のリードでかなり逃げてました。

90kmくらいまで観て、お風呂から上がってきて残り60km、まだ逃げてる! と思うものの、セレクションのかかった精鋭ぞろいの追走集団が追っている上、ファンアールトのアタックにサガンやらランパールトやらファンマルクやらが乗り、決定的なものに……そこにパヴェ区間に突入してしばらくしてからズルズル落ちてきたゼーリヒが合流、しないでサガンのために少し働いてから離脱、前方では二人逃げのうちポリッツが脱落、このころには追走集団から逃げのジルベールが見えるくらいの差しかなくなり、ポリッツを吸収した勢いそのままにジルベールを吸収、ポリッツもジルベールも長いこと逃げていたので脱落するかと思いきやそのまま精鋭集団のトレインに乗車

まだそんな体力残ってんのかよ!

とおおいに突っ込ませてくれましたが、まだまだ元気に頑張っているのでさらにレースは混沌としてくる……

このへんからほぼ実況で書いてます。

この時点でプロトンとの差は一分ほど、あぁコレ決まったわ、前方にサガンが残ればスプリントで逝かれるし、クイックステップが二人いるからうまくやられたらどっちかが勝つし、場合によってはファンマルク、ガチ推し枠にファンアールト、大穴でポリッツのどこに賭けても勝ちそうな展開に……

六人で仲良く走る、後続も詰めますが、なかなか千切れない、そんな中残り23㎞を切ったところで再びのアタック、サガン、ジルベール、そしてポリッツが前に残ります。必死で追いかけるファンアールト、ランパールト、ファンマルクの三人、進路妨害か、ファンマルクがランパールトを押す場面も、そして全力を出すも千切れてしまったファンアールト、前方三人ともその後ろの二人とも離れてしまい、一人旅です……

この時点でサガン含む先頭集団とプロトの差は一分を超え、差は800mほどです。

いや純粋にニルス・ポリッツ強くないですか、キャニオン・エアロードのページで「エアロードは他にないバイク、こんなにスピードの出るバイクはみたことがない」とか言ってて、ああ、若手が広告に起用されとるんやな(超速理解)だったのに……昨年のドイツ・ツアーで一勝したときはそれも記事に書いたっけ……

頑張れポリッツ! ファンアールトが千切れたから今日はお前を応援するぜ!

しばらくしてファンマルク、ランパールトが先頭集団に復帰、パヴェでジルベールがアタック、しかし千切れないサガン、ランパールトはこのジルベールのアタックをお膳立てして一人後方へ……残った四人のガチンコ(やべ、またチンコって書いちゃった!)対決に!

ポリッツがアタック! ジルベールが反応! ぴったりケツについてくるジルベール、サガンとベロドロームでタイマンしたら死ぬのはみんな知っているので必死も必死ですね。

瞬く間に12秒のリードを稼いで残り12㎞! サガンややきついか!?

登りでファンマルクも怪しく……やっぱ重量級クラシックレーサーたちのガチバトルなので仕方ない……?

10㎞を切ってリードは22秒! これは決まったのか~ッ

行け! ポリッツ! ジルベールを千切れ! 

ファンアールトがプロトンとランデブー、先頭とサガングループの差は35秒以上、激アツです。ジルベールと逃げるバイクのサイズがおかしいポリッツは何と192㎝、デカすぎィ!

残り5㎞近くでサガンがランパールトから千切れる……うぅ……サガン……

先頭二人は互いに一歩も譲らないガチバトル! チラチラ見てたよなァ?を繰り返しながら、この期に及んでの40㎞/hオーバーのハイスピード、遂にベロドロームでの一騎打ちに向かいます。

ポリッツに勝って欲しいがジルベールやや有利か……!?

バンクでピッタリ並ぶ二人、やや先に仕掛けて並ばせなかったジルベールがスプリントで勝利!

ポリッツももがいたけど、やはりここ一番ではベテランのが強い……雄たけびを上げてフィニッシュ!

後続の選手が優勝は決まってもなんだかんだスプリントしてるのを観るのが好きです(フェチみたいなもん)サガンは4位……

いや~ホントに激アツですよクラシックは、木金土と一限がなければもっとレースが観られるのですが、そこは仕方ない……

落車がなければファンアールトもワンチャンありましたなぁ……ベロドロームでの一騎打ちじゃなきゃポリッツにもワンチャンありましたなぁ……どちらもまだまだ若手なので来年に圧倒的期待! 今回のルーベでポリッツのファンになりましたよ小生は、出来る限り応援します!

てか選手の名前分かっても情報が分からんし、調べても無名の選手だとどうにもならんからチクリッシモ買っとくべきやな、明日バイトのついでに買ってきますわ。

ciclissimo(チクリッシモ)No.59 2019年4月号

新品価格
¥1,296から
(2019/4/15 00:32時点)

そしてここまでやってきてしまいましたがそれほど重大ではない発表、春休み中盤よりやるやる詐欺していた自転車Webマガジン(物理的)その名も「自転車雑誌」が遂に今日の夜創刊の運びとなりました。クオリティはパンフレット以下ですが、楽しんでいただけると幸いです。

拡散希望! ではまた今夜!