小生、就活ローディに変身

NO IMAGE

小生「就活、インターン、一体どうしたら……」

大学生協「これを使って!」ハガキピラー

小生「インターンシップ、企業研究セミナー……? 分かったぜ!(超速理解)」

スマホを取り出し、マイページにログイン! そして流れるようにポケットにインサート!!

ENTRY(電子音声)Freshers

スマホから謎の就活エネルギーが流れだし、特殊強化装甲服を形成する!

小生「やっぱりスーツは男子一生のユニフォームなんすね! 」ダッ(駆け出す)

Seminar・Start(電子音声)

というわけで仮面ライダー、ならぬ就活ローディに変身して2回目の就活セミナーに参加してきました。

これは備忘録みたいなもんです。

スーツなんざ一年に一回着るか着ないかですが、いやーやっぱり着ると引き締まります。流石「男子一生のユニフォーム」なだけあります。(元ネタは玉井雪雄「オメガトライブ」梶くんの台詞より)

今回も大学生協からのお誘いで出掛けまして、会場で友達と合流、前回の説明会でクッソ腹へったのを覚えていたので、補給食持参で出発し、すぐに補給、集中力を持続させました。

本日は11社の来場、計6回の説明会開催で小生はバイトとの兼ね合いで4社分受けてきました。

小生の基本スタンスは「大手でなくとも、安定していればOK、給料は出来るだけ高い方がいい、長く勤続したい、勤務地は首都圏希望」です。あと、ものを考えないでフローチャートだけこなせばいい、みたいなのはNG、たぶん飽きちゃうから。

大手はいくらでも合同説明会で見れるので、普段見ないところに行きました。

一社目 東京中小企業投資育成

聞きなれない名前だが、行政機関とも繋がっている、業務は中小企業への投機による企業の経営の健全化や様々なコンサルティング等

お堅い名前だが、人事の人の口調などは優しく、好印象、具体的な業務についても詳しく教えてくれた。

インターンは大変だが、やりがいあり、とのこと。出身学部は法、商、経営、経済が多いが、学部自体は不問、一考の機運あり。インターン参加はあり、今後の就活の中でも役に立ちそうな企業の帳簿の見方が分かるようになるから。

二社目オースビー

こちらも聞きなれない、BtoBの業務体系のためである。

よくよく考えると小生はBtoB志向だ、BtoCはあんまり考慮に入れていない。脳みそからして勉強にはあんまり向かなくて、思考力で色々やっていくタイプなのはよく分かってるから、定式化された作業を繰り返すのは好きではない。

「成長」という安い言葉を使うつもりはないが、刺激が欲しい、そのため、BtoBに憧れる。

このオースビーという会社、1分間スピーチでなにやら異彩を放っていた。体育会系っぽい演説、とでも言うのだろうか、やや宗教じみてもいた(笑)

取り敢えず2回目でブースに、まさかの小生一人のみ、毎度のことだ。みんな大手に行きたがる、その心理を逆手にとって少数のブースできっちり話を聞く、というのが作戦の一つ。大手は後で回ることによって、中小でも、大手でも綿密なコミュニケーションをはかる。前回のセミナーで覚えたテクニックだ。前回は「スターツグループ」と「ボーネルンド」でタイマンを張ってきた。スターツなんかは割に大手だのに小生しかいませんでした。

さて、オースビー、理念と会社の説明はなかなか良かった。小生的赤丸健康優良企業であった。常に物を考え、疑問を持つ、最も必要とされるのが「問う力」であったのは感動ものだった。本物の思考力で勝負する、そんな企業イメージ、インターン行ってもええかもな、とも思った。

が、帰りの電車で就活サイトを確認すると、上司の画一的な物差しでしか業務を遂行できない、頭ごなしに否定される、とか書いてあるんやが……真逆なんやが……

立派な企業理念はお持ちのようで……まぁ、ネットだけが全てではないですからね、しかし、書き込みの量が多いこと……残業代が出ない、ともありました。そんな企業行かんわ(笑)

三社目飯野海運

給料がいいらしい、激務のときは激務のようだが……海運という中々見ない企業だが、福利厚生含めて待遇は中々良さそうだ。

東京の本社でしか勤務しないし、どあとぅ海運+不動産の二軸経営は強い。自分から業績が悪いときは悪い、と言えるのは安定した企業の証拠か、人事のお姉さんが多少綺麗だった(川口春奈の顔の余白を1インチずつ引き伸ばした感じ)ので小生、小生の友達ともに評判は上々、是非ともインターンに行きたくなった。

マイナーすぎて、来てくれる就活生が少ない、とのことで選考に多少残りやすい? のか? なので頑張りたい。

四社目JTB

人事の人の声が小さくて半分は聞き取れなかった。というか日テレのブースで流れてたアホな芸能人の声がうるさすぎ、リプレイするなし……なかなか良さそうだっただけあって残念、あまりの聞きとれなさにコンサルに受かった内定者に話を聞きに行った方が良かったと後悔してしまった。

インターンは充実していそう。

その他の企業

ニトリ

キチゲが溜まってそうなお姉さんのやったら元気な勧誘が小生的には受け付けず、他のブースにいても聞こえるキンキンした声が……ってかニトリ毎回おるし……小生の友達の評判は上々だったが……囲い込みに熱心。

ソフトクリエイトホールディングス

人事が「テニサー入ってそう(偏見)」なチャラめの男性で1分間スピーチの時点で排除、もう一人来ていたのも髪の毛のキシキシした感じ(伝わる?)な茶髪のお姉さんで正直怖かった。そんなに人も来ていなかった印象、もう少し真面目そうな人を連れてくれば良かったのに……

日テレ

THE放送業界って感じの丸眼鏡でゆるっとしたかっこの人とスーツのおじさんの二人、映像を多用していたのがデカイ音で分かった。

感想

飯野海運が美味しそうだった(KONAMI感)こういう風にまったく思ってもみなかった所からひょっこり優良企業が飛び出して来ることもあるので、また業界研究セミナー、あるいは合説にはいけなきゃ(使命感)そんで四季報か業界地図は近日中に買って早速研究開始します。

就活に力をいれるとなると、気になるのはゼミです。就活ガンバレ派の教授とそうじゃないのがいるので……

小生自身の希望としてはマヤ文明とかの研究がしたかったのですが、教授がやや怖い人で口が悪いそう、頭ん中ガキ大将のまんまだが、一応論理的に叱られるらしい。というのを聞いて、合わなかったらハゲ散らかしそうだな、と正直に感じました。

そんでもう一個の候補、就活ガンバレ教授の方は旧石器と北方の考古学、最近発表資料を仕上げている中でオホーツク文化期に夢中になってしまったのでこっちも全然アリ、好みと実益がマッチします。

大学入学前はマヤとかアステカとか連れてってもらうんだ!って息巻いてましたが、そうそう毎年発掘があるわけでもないし、毎度毎度研究室のガキんちょお荷物をつれてってはくれないので、もうマヤは観光で行くか……(諦め)みたいな感じです。

まだ決定までは時間があるので、もう少しだけ悩んでみたいと思います。