なんなんだよもぉ~まったくぅ! 卍人に、車に、バイクに、道路を使う全ての人に愛されるローディーになりたい卍

NO IMAGE

タイトルは今日の圧倒的成長ライド(いつもの週末とレーニング)中にバイクに乗った方に言われたセリフです。信号待ちでギリギリまで左に寄っていたら、すり抜けをしようと意気揚々とやってきたバイクの方に言われました。すり抜けで悠々お出かけ、とおもったらピチパンチャリダー(僕です)に道を塞がれていて憤慨、といったところでしょうか。
以下、一部始終です。
小生(サイコンのマグネット取れた! 畜生! はよ青にならんかな~)
バイクの方「なんなんだよもぉ~⤴ まったくぅ~⤴(ハイトーンボイス)」
小生(あ!? )振り向くと、バイクの方は恨めしそうに私を見ていました。しかし、ここで頭を下げるのは小生の意思に反する!! というわけで青になるまでしっかりねめつけてやりました(イキリオタク)。
普段私はロードに乗っている間は必ず道路上(歩道、車道問わず)の人に出来る限り迷惑をかけないように、と考えています。ただでさえピチパン、デーハージャージ、ドロップハンドルの三点セットで白い目で見られることが多いので、少しでも世間の人々がローディーに対して嫌悪感を抱かないようにと最大限努力しています。
すり抜けは極力やらない(後ろから別のローディーの方が来ているときはそちらにも迷惑になるので、道が開けてから歩道に上がって先に通ってもらいます)
信号待ちからの再発進の時は車、バイクの方に先に行ってもらってから行く(ビンディングがはまらないことがあるので)
直線で後ろから車が来ていて、追い抜きたそうにしているときは追い抜いてもらいやすいようにブレーキをかけ、アピールする。
などなど、他にも気を付けていることはたくさんありますが、また長くなるといけないのでこの辺でオワオワリにします。
僕はローディーになる前、逆にアンチローディーでやって来た人間なので(免許も持ってないのにイきってます)その時に感じていた「あぶないなぁ」「ムカつくなぁ」「うぜぇなぁ」って負の感情やら経験の蓄積を、今度は自分がローディーになったときに、後部座席から見ていたことを思い出しながら、邪魔にならないように邪魔にならないようにと毎回シコシコ考えながら走っているので、今回のことは心外でした。
あぁ~^^誰にも嫌われないローディーになりたいんじゃあ~