あの微笑みを忘れないで

どうも、せんちゃんです。

昨日5月27日はZARDの坂井泉水さんの命日でした(本当は昨日あげようと思ってたんだけど、実走練に出てしまって時間が無くなったもんで)。

このブログにどっかには書いたと思うんですが、小生は80年代後半から90年代の所謂「ヴィジュアル系」のロックバンドが好きで、このZARDだけが唯一そうじゃない好きなアーティストなんですな。

何故か小学生の頃は「この愛に泳ぎ疲れても」とか「もう少し あと少し……」とか、何故か少し暗い雰囲気の曲をよく聴いてた覚えがあります、老成してましたな。

今はやっぱり明るい曲の方が好きです。表題の「あの微笑みを忘れないで」とか「Oh my love 」とか、DEENやFIELD OF VIEWとかのカバー曲も良いですね。

ストレートなようで緻密に構成された歌詞、透き通るような歌声、なんと言っても美人! ミステリアスでシャイな雰囲気もさることながら、オフショットで見せるお茶目な一コマ、ZARDの魅力は楽曲だけでなく、坂井泉水さんという一人の女性の魅力でもあったことは疑いようのない事実でしょう。(DVD-BOXの限定版を予約しようとしてスペースの関係で諦めた男)

何を隠そう、小生の理想の女性像は坂井泉水さんですから。

というか、理想の女性像に正しく当てはまったのが彼女だった、という方が正しいか、小生自身はガヤガヤとうるさいクソ野郎ですが、女性の好みは控えめで大人しい女性が好きなのです。此岸にて彼岸を求めるこの姿勢が20年間に及ぶ敗北の歴史の原因でしょう。自分はうるさいのにうるさい女は嫌い、ひねくれてますね。

話が逸れました。

そんなこんなで、昨日は一人ZARDスペシャルを開催しておりました。当時のライブの映像を見ては一人で嘆息する、端から見たらなにやってンだコイツって感じです。移動の音楽も全部ZARD、追悼というほど重々しくはありませんが、悼んだ1日ではありました。実走練でクタクタでしたが……意外と強風の1日だったな……海風が強くて敵わんでした。