NO IMAGE

彼女なし童貞の宅飲みで大変なことになったお話、とタバタ。

  • 2018年11月20日
  • 日記
  • 37view

どうも、こんばんは小生です。昨日はコンポ注文のさらに前、家を出る前に時間があるからといって遊びに行くのにも関わらず……タバタ……やっちゃった……今の小生に必要なのは筋力、力isパワー、モアパワー!! とばかりにタバタスクワット、正しい姿勢を保ちながら、筋持久力を意識して軽めで回数をこなすように全力でヘコヘコ……最後の一セットが終わって汗だくだくのグダグダでクッションにダイブ! 跳ね起きるようにして着替え、皿を洗って出発!! の流れです。昨日は当然バスのある時間には帰れませんでしたので駅から歩いて帰りました。斜度20%を超えるであろう激坂を越して帰ったので脚がもうバキバキです、小生の場合だけかも知れませんが、タバタやった直後はガチできつくて、その後ちょっと良くなって、翌朝起きたら大変なことになってるパターンが多いです。きつ過ぎてビンディングもしてないのにペンギン歩きが板になってしまってます。脊柱起立筋も痛いし……それなのに大学でシーテッドニーレイズもしてたし……明日が心配だぁ!
さて、そんな感じですが、昨日の宅飲みは非常に楽しかった! 飲まない人が居酒屋行くとコスパが悪いですが、自分らで買って自分らで持ち寄るから損がなくてよかったです、なんだかんだ言ってお腹が空いて色々買っちゃったので財布はスカになりましたが……
五時半に駅で集合しまして、気が付いたら発起人が欠席の連絡……おいおい……唯一の彼女もちにして良心、って感じだったのでいないと彼女いない歴20年! みたいな集団がため息をつきながらお酒を飲むよくわからん会になってしまいます。会場の家主は相当心配してました。
家に着くなり小生はエロ本探しをしましたが、今時はインターネット、エロも電波に乗ってやってくる時代です。村西とおる御大の「スケベが空から降ってくる」というセリフは情報化社会の中で実現されました。ビックリ~。Wi-Fiのルーターが逝ってて何もできない……とか言ってたので昔懐かしビニ本の一冊でも持って行ってあげればよかったなぁ……と思いました。急いで片づけをした様子で努力の跡が見受けられました。本人曰く「連れ込む女の子なんかいないから大丈夫!」とのこと、悲しくなるわ……
六時にもう一人ゴリゴリの関西弁の友人が合流、二人はビール、小生は新しいオランジーナ(白)で乾杯🍻 からあげを食べながら講義の話やらなんやらと始まります。途中で何やらよく分かりませんが、関西の友人(略しすぎ)が「明日の飲み会ボクが企画したんやけど行きたくないねん」と始まり「なぁ家主、小生、来てくれへん? ボクもう話回すの疲れたわ」と泣きついてきました。「いや、企画したんじゃないの?」?と聞くと「そやけど……」となにやらお疲れの様子、まぁ飲み会の幹事ってダルそうですもんね、場所、メンツ、時間……
「女の子も来るから~来てくれ~小生~」「その話詳しく!」「学科の○○さんと○○さんと○○さんがくんねん」「ふ~ん(騙された! 全員知ってる奴じゃないか! (ぶちギレ))」みたいな不毛な会話塗れになりつつ、小生はオランジーナをあおり、二人はビールの缶を開けます。
「彼女ほしいな~」「そうだな~」「でも難しいな~」と規定路線で話が進みます。何がいけないのかが三人とも全く分かりません。知識先行型なので「恋愛工学」とかの胡散臭いテクには詳しいのが小生ですが、どうにもならないことがよくわかってきます。

ぼくは愛を証明しようと思う。

新品価格
¥1,512から
(2018/11/19 16:10時点)

こういう時に「何が分からないのか分からない」といって講師をてこずらせる受験生の気持ちが少しだけ分かったような気分になります。色々な話をしているうちに家主には姉がいることが判明、男前なのできっと姉は美人だろうと判断して「お姉さんを僕にください!」と叫びました。返答は勿論NOでしたが……「だって小生がお義兄さんになるんでしょ? 」と痛いところを衝かれました。小生も後一か月と少しでクリスマス、二十歳を迎えますからなりふり構ってられません(と言いつつ毎日トレーニングと自分磨きに勤しんでまつ……)。キッツいなぁ……まぁええんぜ、小生には同窓会があります。
その後は中学、高校の話を思い出してみんなで悲しくなってました。童貞が三人揃うとため息しか出ません、悲しいなぁ……
そうこうしているうちにもう一人合流、女のこと遊びに行っている、ということで合流後の報告を義務付けておりましたから、合流後すぐに「報告!」の号令をかけます、イントネーションはルーキーズの市原隼人の「集中!」と一緒です。しばらくまごまごしていた彼が急に改まって「皆さんに大事な報告があります」といった時点で嫌な予感を感じましたが、見事に的中しました。
「彼女が出来ました! 」
えっ……今なんて言いましたお兄さん( ゚д゚)ポカーン
一瞬で場が凍り付きました。なんてことだ……おぞましい……はわわわ……となっていたところで関西の彼が口を開きます
「帰れー!!」
小生も続きます「げらうひあなう、なーう!!(絶叫)」
ウラギリモノ~ 畜生~ 罵詈雑言がひとしきり飛び交い、家主の部屋の隣に住んでいる大家がキレないか心配になりましたが、流石にダイジョブでした。
いやはや、まさかこんなことになるとは、お通夜みたいになった会場、「言わなきゃよかった……」の声にみんなで「おめでとう」を言います。
「この時、小生の頭のなかでは二つの相反する感情がぶつかり合っていた(ナレーション)」
「おめでとう、と素直に祝う気持ちと畜生、ぶっ○してやる、人の幸せを見るのが嫌いなら滅茶苦茶にするしかない、という二つの感情である」
これを言ってからなんかネガなアレはないんか? と聞いたところ、ありました(歓喜にうち震える)
「狙っていた女の子じゃなかったんだ、それで、今日は彼女とその狙ってる女の子とのお出かけだったの」
これを聞いてさっきまでこの世の終わりだった三人は俄に活気づく! やいのやいので盛り上がります。
そしてそのあと、関西の彼も浮わついた話が……
「ボク、なんか先輩ともう一人によみうりランド誘われててんなんでボクなん? 女二対ボク一って怖すぎるやろ!」
「可愛いの?」
「同期のこは可愛い」ほぉ~って変な息が漏れました
ここから立ち上がったのは先輩が彼を狙っていて同期の女の子はアシスト説、途中まで引いていって切り離すパターンだこれ! とかなんとか言ってたら「それなん? 最近先輩からめっちゃLINEくんねんけど」
「これはどっちか分からなくなってきましたな……」とかなんとか言いながらたこ焼きを皆でつつく、このままだと置いてかれちゃうね、って家主と話す小生、みんな先に先に行ってしまいますなぁ……
この辺から過去を回想する流れに……「おっぱいの大きいこだった……ショートカットの似合う……」これは小生の回想です、アレがあったから早稲田までこれたんだとおもいまつ。「童貞大好きパターンだぁ!」家主の言葉に「そおだぁ!!」と烈迫の気合いをもって答えます。悲しい……。
人間は過去に縛られてしか生きられないのでせうか……ロードにのっている間はなにも考えなくていいからローラーでも何でも取り敢えずロードに乗っておきます、勉強している間も頭を空に出来ます。何かしていないとすぐに悲しくなります。ふりむくな、ふりむくな、後ろには夢がない、何度も何度も繰り返し唱えます、しかし上手くいきません。今となっては眩しかった微笑みも輪郭の欠落した抽象的なあたたかさに還元されています。逆に細部の欠落によって思いでは美しくなるのでせうか、そんなことはどうでもよろしい、いや、よろしくない、あの心がうち震えるような感覚は二度と戻ってこない……ということを考えておりましたら
「なんで飲んでない小生が一番酔ったみたいになっとんねん」突っ込まれてしまいました。
そっからはまぁテキトーなお話をして、終電が近かったので小生はお暇しました。
「最後に一言、ふりむくな、ふりむくな、後ろには夢がない」
「寺山修司か」の声を背中に受けつつ
「振り向かんでいられるかーっ、おっぱいだおっぱい!! じゃあの」
爽やかに帰ります。帰り道「おっぱい」という下品っちゃ下品な言葉を使うことであの頃の感慨を小生はなきものにしたくて仕方がないのだろうと再び悲しくなりました。同窓会にこだわるのはこういうわけです、まぁ、とっても素敵な娘なので、きっと素敵な彼氏さんがおるでしょう、一度でいいから見て、ホンでふっ切りたい訳です。彼氏いないっていったらそれはそんとき、不肖小生、一世一代の大博打を打たせてもらいます。そのためにまた明日もトレーニングですね(笑)こんどおよおふく買いに行かなきゃ(使命感)
というわけで長いわりにおもんないくそ記事ここまで読んだ方はお疲れ様です、おやすみなさい。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!