GWENT(グウェント)Tier1(ティア1)デッキ、レシピと環境を添えて(2020/10月更新)

どうも、せんちゃんです。ここんところハマっているゲームについて少し、『GWENT(グウェント)』というオンラインカードゲームです。もとは「ウィッチャー」とかいうゲーム内ゲームだったそう……。

小生と「GWENT」

PC版のオープンベータからプレイしていました。当時は全然カードが集まらず、天候モンスター(ルール改定・エラッタで無くなった)しか組めませんでした。粗悪なデッキだったため、勝率も上がらず、Tier上位のデッキも組めずでしばらくバトロワに興じつつ、MTGArenaが出てきてしまったのでそっちに移行、合計で1年くらい放置していたところ、ついこないだAndroid版が出たということで再開しました。フィールドが3列から2列になっていたり、カードの能力が大幅に改定されていたりで驚きました。雑魚、無課金なりに貯めた資産も吹き飛び(ちゃんと補填されていましたが)驚きが隠せず……という感じでした。

しかし、再開してみると、前以上にシンプルながらも頭を使うゲームであることに大満足です。どうしてもデジタルのカードゲームはランダム要素とパワーカードで頭の悪いゲームになりがちですが(Ex:頭シャドバかよ、ハースストーンウンコ大魔境、頭ウォーブレ、MTGArenaは土地事故が板)このゲームは資産の差こそあれ、運の要素を極限まで少なくしているため、初心者でも概ね満足にプレイできるのではないかと思います。

本題:Tierについて

https://teamleviathangaming.com/meta/

↑を参考にして記事を書いてます。

Tierは高いほど有力でよく使われているデッキの指標です。Tier1が所謂トップメタ、Tier2はその次、Tier3はさらにその次ってな具合になります。

Tier1

盾の壁(北方諸国)

デッキ構築コストが3下げられるというナーフにも関わらず、このデッキは未だに“倒さねばならない”デッキとしてメタ上に君臨し続けている。正直なところ、このデッキの最大のライバルであったあのスケリッジの戦士たちのナーフもこの一助となっていることだろう。「戦象」は「血まみれ男爵」にとって代わられたが、彼もなかなかいい仕事をしてくれる。必要なタイミングでキッチリとキーカードを手札に揃える「強欲な」デッキに対するカウンターとして非常に有用だ。
ブロンズのカードの効果も非常に強力で、リーダーアビリティの対象とするに相応しい「コルヴォのウィソゴタ」「アンセイス王子」に「ガレットのセルトカーク」のようなカードが存在することもあって、このデッキは「大いなる飢え」デッキのように相手の動きに頓着せず、自陣の強化に努めるデッキとしてプレイ可能なのだ。
しかしこのデッキには最強の一手を打ち出せる「チューター(サーチカードのことを指す、古くはMTGのサーチカードからこの名前が付いた)」が存在しないことに注意が必要である。他のメタに存在するデッキが恒常的に同じ動きが出来るのに対して、これは問題になるだろう。安定性をやや欠いているのだ。

PROSとCONS

PROS(いいところ)

非常に強力に自陣の点数を伸ばせる「ポイントスラム」なカード、そしてデッキを動かす「エンジン」としての大小のカード、そして自由自在に扱える「コントロール」よりのカードが揃っている

「強襲上陸」および「アダリア女王」がラウンド1での勝利において信頼がおける

CONS(ダメなところ)

「急所攻撃」や、レーブナントのようなコントロールデッキは簡単にアビリティを乗り越えてくる
構築コスト10以上の「強いカード」を引き込めるチューターが存在しないため、単純にユニットを引き込めないせいで負けることがあるかならではもしれない。

入れ替え案

「ファリバー」「レイナード・オド」「攻城支援」「リリアンサイザマン」

急所攻撃(スコイア=テル)

ヘビーコントロール版の「急所攻撃」デッキは「盾の壁」のようなエンジンに頼ったデッキや、クソデカユニットをたたきつけてくるようなデッキのカウンターに秀でる。

後攻の特権を最大限に悪用して、次のラウンドにカードを持ちこそう、もちろん「ノヴィグラド流の正義」や「ゲラルト:プロフェッショナル」のようなカードをプレイして、相手を寄せ付けないことも大事だけどね。

ハイテンポで展開出来る場合を除いて、先攻の場合はパスのタイミングを見極める必要がある。それからマリガンにも気を付けよう。よほどのことが無い限り「ブロキロンの歩哨」を温存することを躊躇ってはいけない。

PROSとCONS

PROS

特にラウンド3、後攻で最後に動く場合に特に強い、このデッキがカウンターに秀でているおかげだ。
カードを持ち越せること、コントロールに優れた諸々のカード、それから「シェルド・スカッグス」や「ハラルド・ゴード」のようなビッグフィニッシャーが素晴らしいシナジーを発揮する

CONS

「シーキル」をデッキから取りのぞいてしまったせいで、小型のトークンをたくさん出すようなデッキとの対戦は最悪
それから、特にラウンド3で後攻でない場合、相手の動きに対応しようがないため、相手の動きを考えずにプレイしないといけない。

入れ替え案

「サエセンテ」「シーヒル」「パクト」

Tier2

大いなる飢え(モンスター)

このデッキはこの1か月、本当によく見た。

ラウンド1を「エンドレガの幼虫」のようなブロンズカードやデカブツで勝利し、長期戦になれば「ハウント」をプレイして「出血」させまくれば勝てるし、仮にラウンド3が短くとも「オズレル」や「ガランシール」を「デトラフ:上級吸血鬼」や「ミルナ」のようなカードに用いてもゲームを早期に終わらせることが出来る。
このデッキは「ナギファール」や「フォグレット」「ワイルドハントの騎兵」のおかげで安定性が高い、しかしコントロール性にかけるため、トップメタの「盾の壁」との対戦は間違いなく悪夢になるだろう。

PROSとCONS

PROS

ブロンズのユニットが様々な場面でデッキを圧縮してくれるため、安定性が向上している。
後攻で強い、短いラウンドの開幕からパワフルに動ける「出血」を上手に使えば、2ラウンド目には相手を干からびさせることが出来るかもしれない。

CONS

デカブツ或いはファッティをたたきつけて、リソースを一体に集中させるデッキに弱い
エンジンとなるユニットを大量に展開するデッキに弱いため、ラウンド1で負けることはゲームに負けることと同義になる

入れ替え案

「フロスト」のコンボと一緒にデヴォーションのバージョンを試してみても良いかもしれない
「ナギファール」「洞窟のトロール」「ガランシール」を「オネイロマンシー」「帝国のマンティコア」「アダ・ストリガ」に入れ替える

自然の贈り物(スコイア=テル)

このデッキはポイントスラム(デカい自陣ポイントを叩き出すこと)寄りのデッキで、「急所攻撃」のような相手の動きをケアするデッキの代替として用いることが出来る。パッシブアビリティはゲームを通して大量の得点源となるし、それぞれのユニットの体力を補完することが出来、「ハマドリアード」で大きなアドを取れる他、「パヴコ・ゲイル」や「トレントボア」を5点ダメージによる除去から守ってくれる。

多くの場合ラウンド3の事を考えなくて良いため、「盾の壁」のようなデッキに対してはラウンド3で後攻を取って「ハラルド・ゴード」のようなデカブツで瞬時にゲームを決めることを考えなければならない。

PROSとCONS

PROS

フィニッシャーとしてのデカブツ「ハラルド・ゴード」が強力なため、ラウンド3で早期決着を狙える
沢山の脅威となるシステムユニットの存在と「コラスの熱波」や「自然の戒め」のような除去を用いてテンポの速いプレイが可能である。

CONS

デカブツをたたきつけようとし過ぎてしまうと、「盾の壁」との対戦で場が膠着しがちになる
小型のトークンを大量に出し、且つサーチをかけたりするようなデッキに対してはあまり優位性がない

入れ替え案

「パヴコ・ゲイル」→「ベッカーの岩滑り」
「リウィアのゲラルト」「フィギス・マーラッツォ」「セージ」「ミネア」

以下は更新が間に合わなかった分です、すぐになんとかします

反乱ドラウグ(北方諸国)

最近のメタの転換は、ドラウグのデッキにはあまり影響を与えませんでした。常に第1ラウンドで対抗できるわけではありませんが、アダリア女王、隊商の護衛、ドラウグで持ちこたえることが出来、カードのアドバンテージやリーダーアビリティの温存で最終ラウンドに勝つことがよくあります。フィリパでの強力な除去と組み合わせて、ファリバー、血まみれ男爵、アンセイス王子と言った優秀なダメージソースがあり、非常に機能的なデッキとなりました。

重要カード

ドラウグ

これに限ります。攻防一体ですな、もとのスタッツの高さもそうですが、ケイドウェンの亡霊兵でダメージを与えつつ、3ずつですが戦力アップも望める。フィリパとか残してあればそれで一気に行くと気持ちよくなれます。

PROSとCONS

PROS

ドラウグで長丁場に強い!

反乱のアビリティと「陣形」のスキルのコンボで立ち回りが機敏になる。

CONS

ドラウグを出すか出さないかの判断が難しい、相手のパスのタイミングを見極めないとアドを取られてしまう。

全体ダメージ、ないしは除去に弱い、特にティンボイとランバートに気を付ける必要アリ。

入れ替え案

「コラスの熱波」「サブリナ・グレヴィッシグ」「煮えたぎる油」を適当な枠で入れ替え

セカンドウインドゲディニース(スケリッジ)

テイルボットは先月のトップ16予選を支配し、その結果、彼の信頼できるゲディニースデッキが復活しました。大規模なフィニッシャーとして、ゲディニースと一緒にドルイドを多少入れておくと、ブロンズの船ユニットと海イノシシ号に頼ることもできます。ロングラウンドとショートラウンドの勝利条件はほぼ同じなので、多少手札の引きの良しあしに依存しますが、デッキを柔軟にします。 「アン・クライトの大剣使い」は、アビリティと「モークヴァーグ」でアグレッシブで小賢しいプレイを可能にします。

まだまだプレイヤーの層が薄そうだけど……

まだあんましandroid版のプレイヤーがおらんのかも知れませんが、マッチングに時間を食うことが多いです。Wi-Fiビンビンでも回線落ちるし(その分再接続の速さは優秀)個人的にこれから伸びるゲームだと思うので、ここいらでツバつけとくのもありだと思いやす。

あんまり真面目にラダーやってないんでカスですが、これからもちょくちょくアップできればと思います。