NO IMAGE

小生と発掘実習etapa6.7──小生でも出来る簡単な発掘方法をご紹介──

はい、どうも圧倒的成長丸です。(例のごとく復刻版です)
昨日測量が終わりまして、小生の班だけで2000本以上の割りばしをぶっ刺してきたわけですが、まぁ、大学やめたみが深見東洲(新ネタです、あのおっさんめちゃくちゃ怪しいですよね……)
ということで本日からついに『発掘』です。今日と明日の午前だけですが……
発掘のいろはから習ってやるもんで、時間はかかりましたが、中々面白いですね。
道具としては角スコ(角スコップ)移植(移植ごて)じょれん、竹串、箕、みたいな感じです。区画ごとにグリッド名をつけ、また同時に基準となる層断面を見つけるためのサブトレンチ(塹壕みたいなやつ、というかトレンチ=壕)を掘ってあるのに合わせて掘っていきます。
小生でも出来る簡単な発掘
①自分の担当の区画を決めます。
②あらかじめ引いてある水糸に対して平行になるように角スコで掘り始めましょう。
③カツッ、と何かに当たったような音がしたらそこで一旦掘るのをやめて、移植ごてに持ちかえましょう。
④音のした辺りを掘ります、木の根っこか遺物か、しっかり見極めましょう。根っこの場合はイライラしながら『根切り』で切ればオッケー👌遺物の場合は優しく掘り出してあげましょう。加曽利貝塚の場合、土器(加曽利B式、加曽利E式、その他縄文中期から後期のものが出土します)石器(薄片含む)が主な出土品になります。
以下②~④の繰り返しです。必要に応じて範囲を広げます。
⑤範囲が広がったらじょれんを使って掘っていきます。ここで大事なことは、刃を寝かせるか、立てるかです。土を箕に入れるだけなら刃を寝かせて、掘るのであれば刃を立てる。これを忘れないように、土を箕に入れるときは、引きずるのではなく、放る感じで入れてあげる方が良いと思われます。
⑥指定の層に到達したら一旦掘るのをやめましょう、出来れば隣の人たちとペースを合わせて横一列で掘れるようにするのが良いです。
⑦グリッド全体を調査できるように頑張りましょう! グッドラック!
諸注意
史跡、遺跡に残された遺物は国民にとって大切なものです。間違えても持ち帰ってはいけません。所定のかごに納めましょう。
掘った土の中にも遺物があるかもしれません、廃土置き場に行く前に、もう一度チェックしましょう。
場合によっては土層が攪乱されていることもあります、明治以後の陶器や、アルミ製品が出てくることもありますから、それを見て騒がないようにしましょう。
先輩の言うことや、先生の言うことをよく聞いてしっかり頑張りましょう。
というわけで備忘録も兼ねてこんなもんです、楽勝。
遺物包含層以外を掘っていると飽きますが、まぁ中々楽しめます。小生は土器たくさんと剥片石器(恐らく鏃)を発掘しました。
その他のところで特徴的だったのは瑪瑙の二次加工剥片(一瞬プラスチックかガラスと思うほどの透明度と美しさです)とデカメの土器片くらいのもんでしょうか、小生たち前半組は大して遺物の出ない層を掘っていたので、現在頑張ってる後半組は割りと色々掘ってるんでねぇかと思います。
午後は配置がえがありまして、小生はめでたく仲の良い「ゆうさん」と同じグリッドに、考古学コースでは同じグリッドに入った異性は付き合うとかなんとかいう「ラブ・トレンチ」の噂が飛び交っていましたが、そもそも女子が少ない、そして小生の好みの娘はいない、というわけで友達と一緒の方が作業しやすかった訳です。
角スコは「すこ」と呼び、掘る度に「すこ」「すこ」と掛け声をかけ、じょれんをかけるときは「アイハブ(俺やるわ)」「ユーハブ(頼んだ)」で会話、時折「すこ」の間に「シコ」を混ぜ、そのタイミングで「チンポ先生ェ~」と合いの手を入れる、そして箕が運ばれてくると、ミッフィーの歌を歌う、となんとも愉快な現場でありました。文章だと伝わらないのが残念です。
小生&ゆうさん「すこ」「すこ」サクサク
小生「シコ」
ゆうさん「チンポ先生ェ~」
小生「チンポ先生ェ~」
土が溜まってくる。
ゆうさん「アイハブ!」
小生「ユーハブ!」
小生「あっ! 箕ッフィーがない! 」
先輩「はいよ」
小生&ゆうさん「箕ッフィー♪ かわいいうさちゃん♪ 箕ッフィー(この先の歌詞がわからない)大好きィ!(唐突)」
完全に作業疲れです、中々の炎天下にやられました。WORKMANズベスト、クール作業着&おたふく手袋ボディータフネスベースレイヤーのお陰でエアフローは最大ですが、肌をやられると中々にキツいものがありました。巻き上げられた砂が汗と混じって泥になり、午前が終わる頃にはデロデロ、泥を落とすのにはかなり苦労しました。その後もクソしようと思って個室のドアを開けたら学科のヤツが座ってたり、ボディーペーパーで顔拭いたら大変なことになったりとメチャクチャでした。午後には教授が勢揃いしておりまして、360度撮影可能なカメラで写真を撮ってほくそえんでいたり、ドローンが飛ばせないと嘆いていたり、あるいは生徒のを見てたら滾ってきたのか「そーじゃないって! 」と言いながら作業を奪っていく教授、他人の現場なのをいいことにチンピラみたいな格好で来たりなど、やりたい放題でした。
作業が終わり、また宿舎へ、泊まりは今日が最後なので、バーベキューが行われました(教授はみんなこのために来ていた)。
まぁ、途中アルハラ学歴ロンダリング助手に「先生方に挨拶しましょう」とか絡まれた以外は平穏なバーベキューでした。大酒のみみたいな顔したチンピラの教授が以外と酒に弱くて一本飲んで酔ってたのはちょっと笑いました。無駄に絡んでこなかったのが良いところです。
小生は勝手に冷凍庫に入れてキンキンにしておいた三ツ矢サイダーを一人でグビグビやっておりまして、背徳感が半端なかったです。
小生「いや~一人でキンキンに冷えたサイダーを煽る背徳感たまんねぇ~」
二日間相部屋だった棒術青年(たけちゃんとしましょう)「えっ? なに一人でキンキンの飲んでんだよwww 」
小生「あっこにあるからお前も飲めよwww (決して小生のものではない)」
たけちゃん「色変わってるからすぐ分かったわ、すっげぇ白くなってたわ」
小生「すっげぇ白くなってる、はっきりわかんだね」
みたいなクッソ汚い会話をしながら肉を喰らう、もう肉だけ喰らう、炭水化物なんか知らんとばかりに肉だけ喰らう。結構楽しめました。
その後後片付けをして宿舎でダラダラしていると、院生さんの一人が「そろそろ飲み会だから来て~教授は二年生をご所望です~」
二年生一同「めんどくさ」「もう飲みたくない」「もう飲めない」「今日は部屋でダラダラしたい」「コンビニ行きたい」ってな具合でして、それを見た院生さんは「本当は俺も行きたくないけど仕方ないから、取り敢えず乾杯の賑やかしだけでいいから来て」と懇願され、そこまで言われては仕方ないとみんなで出てって、乾杯だけ賑やかして帰って来ました。そのはずが、部屋に人が少ない。なんでやと思ったらウェイ系の方々は先生方とではなく、独自に飲んでました。小生は先生方と残って話をしていた仲間が帰ってくるなり、二日前の童貞会議の二回目を開催、今回も林プロを特別顧問にお迎えしての開催、やっぱりためになります。
小生「女の子の前で自分を装えません、なんだか嘘をついている気がして……」
林プロ「装う……というかある程度自分を『作っておく』のは嘘ついてる訳じゃないからある程度は仕方ないよ、分けて考えないと」
小生「小生の中に住んでいるリトル小生が『漢はいつでも直球勝負だ!!』と耳元でうるさいです」
林プロ「いや、流石にチンポはダメでしょ(ニッコリ)」
小生「はい(反省)」
その他にも同窓会ワンチャン説が持ち上がり、田舎の高校、中学校だともうママ、パパがいるかも! などで盛り上がりましたが、午前二時をまわったところでみんな眠くなって終了。眠りそうな奴は「○○集中!」と声をかけていましたが、流石にみんなダウン、仕方ないですね。
今朝は割りと寝覚めがよく、意気揚々とバスに乗りましたが眠すぎてアカン、しかしみんなで「○○寝るな!」「○○集中!」と続けていたら小生は一睡も出来ず遺跡についてしまいました。
今日はまじでただ掘るだけの一日、終わって掃除して千葉駅で解散、千葉のJCを堪能しました。
ロリコン気味のたけちゃんは小生のJC発見報告が遅れたことに少しご立腹の様子
「いーや、そこはもっと早く報告でしょ! 特にJCは!」
小生「おほぉ~(JK、JCを見ている)」
林プロ「き~っしょ!(ニッコリ)」
そんなこんなで帰宅、横須賀線が途中まで混んでて座れなかった。座ってからは爆睡でした。
この合宿で分かったこと
コースはクソ、飲み会もクソ、教授は飲んだくれ、助手はうんち、作業は楽しいが、やっていける気がしない。同期はほぼみんないいやつ。
ちなみにド○タ弁当と不規則な生活習慣のせいで一週間の間に二キロ太りました。BMIは22.4、スプリンターみたいなBMIです。せめてあともう少し落としてTT スペシャリストくらいのBMIに落としたいです、頑張ります。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!