小生と会陰部の痛みpart2

ハリー・ポッターと死の秘宝part2かよ!
はい、このクッソ寒いくだりでお茶の間は絶対零度、華氏-459.67度って感じでしょう。えっ? レイ・ブラッドベリっぽい? 小生は小学三年生から『火星年代記』を読んでみたいと思っていましたが、ついぞ図書館でも書店でも見掛けたことがありません。大学図書館ですら怪しい……古本屋でも探してみます。
というわけでまた、コカンのお話。痛みは引いたんだけど、座ってるとすぐに血流が滞って感覚的にキャンタマの裏、ヒエッヒエやな!! ってなります。
昨日色々と調べてみて、何故、会陰部が痛くなるのか、そのメカニズムについて学んでみました。
ま、単純です。
前傾姿勢がきつくなる、または体幹の筋肉不足によって骨盤が寝てしまうと、コカーンがクソ細サドルくんに圧迫されてしまう。「君の大学の良いところを教えてください」「悪質タックル事件について、学生の立場からだと、どう思う?」と圧迫され、コカーンの神経系や血管が圧迫され、損傷、そんで脳に痛みの感覚がいく、極めて簡単です。
しかし、いくつかパターンがあるそうです。
骨盤底筋型
骨盤底筋が過度な前傾姿勢でのペダリングその他によって緊張し「コリ」のようになって苦しむパターン
神経痛型
神経が圧迫されて損傷することで生じる痛み、というパターン
あと、なんかあったけど、忘れました。このブログは情報ブログじゃありません。なので、ここからはめぼしい情報は得られません。好きに文章を書いて垂れ流すのが小生の一番の目標だからです。
え~前者はストレッチ、後者はほっといたりなんだりで治るそうです。血流のあれなら長めにお風呂入ったりとかでもなんとかなりそうですな。
と、考えて昨日小生は長めにお風呂に入った後、ストレッチをしてみました。今朝、ああもう治ったやん、ってくらいコカーンはすっきり、もんだいないやーんって思ってたのが今日の午後、しかし、一度バイトに行けば座っていないといけない、というわけでまたもやヒエッヒエ地獄に、今日もしっかりお風呂に入ろうと思ってたましたが、母上が早く風呂に入りたい、と仰るので、小生は電光石火、一陣の風やら、落ちてゆく夕陽のその何倍も早く脱衣場にかけこんだ。つーわけで現在もヒエッヒエです、痛みがおさまると、今度は血流の不足かい! と嘆かなくてはなりませんが、インポテンツになるよかましです。まぁ、しかたのないことです。なんとか治してまた楽しくロードに乗りたいです。今日は別の方法でキャンタマの裏をなんとかしていきたいと想います。はい、頑張ります。