NO IMAGE

小生と映画『ショーシャンクの空に』~希望は「いいもの」だ~

はい、今日が明日になってしまいそうな時間ですが、圧倒的成長丸です。
この間『ショーシャンクの空に』を観てきた感想をば少々。小生はひねくれもの(それとも好き嫌いが激しいだけ? )ですので、嫌いなものに対してはすぐに中指を立てます。「フ○ーーーーーーーーーーーーック!!!!」って大声で叫ぶこともあります。しかし、本当にいい、と思ったものに対しては人一倍素直に感動します。
というわけで、はい。素直に感動しましたよ

『ショーシャンクの空に』こないだの「ラ・ジュテ」の時はずっとさぶいぼがたっているような感じでしたが、今回はそれとはまた違いました。フワァーっと視界が明るくなってきて、気が付いたら鳥肌が立っている。そんな感じでした。

抜けるような爽やかさが一陣の風のように──良く晴れた朝のように──高原の草いきれのように、私の心をすり抜けていきました。小生は日頃、三千世界はクソで出来ていると思っており、そのために生きる気力がわかないのです。最近は特にそのきらいが強くなってきていて、あれもクソクソ、これもクソクソ、クソクソクソクソクソクソクソ、ピーマン残しちゃクソクソクソクソ(クレヨンしんちゃん)って感じでした。しかし、この作品は何となくですが、小生に「生きる力」を分け与えてくれたような気がします。単純なだけですね。

無実の罪での投獄、ホ〇にケツの穴を狙われ、リンチを受け、犯罪の片棒担がされながらも「希望」を信じ続けたデュフリーン、元々エリートだった、ということもありますが、その卓越した頭脳で刑務所を少しずつ変革し、周りの囚人たちの意識すら少しずつ変えるに至らせたのは、やはり他の囚人たちがとうの昔に捨ててしまった「希望」を信じることではないでせうか、

それを一心に抱いてきたからこそ、起こし得た──そして周到に計画されてもいた──脱獄という「奇跡」、そしてその後のレッドとの再会……

主役のティム・ロビンスは終始お坊ちゃんという感じが抜けず、ブラピやキアヌ、トム・クルーズのように冴えた印象は受けないが、映画のキービジュアルにもなっている、あの嵐の中、高らかに両の腕を広げるシーンはまさに圧巻のカッコよさがある。汚物まみれ、ということを抜きにすれば──の話ではあるが。
小生はこの映画から、多分に学ぶところがあった。というか、名言に心打たれ、何となく生活を改めようと思っただけに過ぎないのだが……
心を打った名言
Remember, Red, hope is a good thing, maybe the best of things. And no good thing ever dies.
小生の訳 レッド、覚えていてくれ。「希望」は良いものであると、多分これは一番素晴らしいものだ。そして、良いものは決して失われることはない。
I guess it comes down a simple choice ;Get busy living, or get busy dying.
小生の訳 これはとても簡単な二者択一だと思うよ、必死に生きるか、それとも必死に死ぬか、そのどちらかなのさ。

小生はこのところ半ば捨て鉢な気分になっていたので、この二つのセリフは大変こたえましたね。「希望」そして、「必死に生きる」こと(童貞のまま死にたくはないからね! )いずれもかつて小生の中に存在し、幾多の艱難辛苦を乗り越えてゆく中で忘れてしまっていたものに他なりません。小生もまた「ショーシャンクの囚人」であったことは自明です。望むと望まないとに関わらず、時は巡り、朝焼けとともに新しい一日をもたらします。そんな極めて新しく、そして美しい一日を無為に過ごすこと、或いはそんな美しい一日を無意味なものだと思いこむこと、それ自体が小生自身を少しずつスポイルしていたのかもしれません──
映画を観終わった後の小生が中央図書館を出た時の、あの空の青さといったら! 自由を手にした囚人もかくやの悦びを覚えました。
というわけで「ショーシャンクの空に」でした。オヌヌメです、やる気が出るもの。

ショーシャンクの空に [WB COLLECTION][AmazonDVDコレクション] [DVD]

新品価格
¥1,000から
(2018/6/14 23:14時点)


なに? Prime Videoじゃなきゃヤダ? 仕方がない……「覚えていてくれ、Prime Videoはいいものだ」

ショーシャンクの空に(字幕版)

新品価格
¥199から
(2018/6/14 23:18時点)

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!