CATEGORY

映画

映画「マスク」──Smorking‼(決めたぜ!!)──

どうも、小生です。最早アマゾンプライムと小生は離れられない二人になってしまいました。ほぼほぼ毎日映画を観てます。周期に入ってから暫くの間大学図書館で映画を観る例のアレが出来ていなかった期間が長すぎていざ映画が観れるとなるといてもたってもいられません。 こないだ見たのはコレ、「マスク」 マスク(字幕版) 新品価格 ¥199から (2018/12/19 16:25時点

映画『THE PROGRAM(邦題:疑惑のチャンピオン)』の感想──ランス・アームストロングの光と影──

どうも小生です。まぁー寒い。朝早いし、夜遅いし、イライラします(ストレス体質)挨拶はほどほどにして、一昨日観た映画『THE PROGRAM(邦題:疑惑のチャンピオン)』の感想を少々 既にタイトルを見た時点で「あっ……(察し)」という方も多いと思いますが、そうです。この映画はかの有名なロードレーサー、アメリカの「堕ちた英雄」ランス・アームストロングのドーピング問題について書かれたノンフィクションを元 […]

映画『イエスマン"YES"は人生のパスワード』──The word is YES!! yes yes yes say million time, say million more times ──

どうも、小生です。今日は行きの電車で爆睡してる女の人にのっかかられて大変でした。やさしく押しても起きないし、何より重かった……可愛い女の子なら文句は言わないのですが(ドクズ) 今日は久しぶりに映画関係の記事です。 私事ですが、小生はAmazonprime会員です。ということはつまりprimevideoはタダで観れる訳です。小生はこの頃「映画観る時間ないなぁ……」なんて思ってましたが、そんなことはあ […]

小生と映画「アルファヴィル」──AIディストピアの可能性──

どうもこんにちは小生です。こないだはアフィアフィな記事を書きまして、皆様からの不評を買っていることだろうと思いますが、そもそも読者が少ないので、ま、しゃーない。今日は久しぶりの映画の記事です。たくさん見て、記事をストックしてはいますが校正してからじゃないと出したくないという小生の編集者魂があります。 そう、九月後半からは「早稲田魂」の編集作業や! MiX(Milestone information […]

小生と映画「トゥルーマン・ショー」──おはよう! そして会えなかった時のためにこんにちはとこんばんはも!──

どうも、せんちゃんです。 梅雨が明け、夏が始まる! 小生の何もない夏である! 遊びの予定とサークルの予定はあっても、女の子との海も! 花火も! 勿論一回のデートすらない! そんなひと夏の思い出すら許されない! 焦土のような夏である! トなるのかと思いきや、いきなりの戻り梅雨、おい! またライドに出れねーじゃねーか! というわけで、小生の叫びは早稲田の空を裂きます。あぁ~^紺碧の空が見たいんじゃあ~ […]

小生と映画「ある愛の詩」──愛とは決して後悔しないこと──

こんばんは、圧倒的成長丸です。今日はタイトルの通り、大学で恋愛映画の名作「ある愛の詩」を観てきました。最初は「ノッティングヒルの恋人」や「天使のくれた時間」と迷っていたのですが、「天使のくれた時間」が図書館にないのと、あらすじを読んで王道系だな、と思ったことから「ある愛の詩」にしました。今日はなんとなくラブストーリーの気分だったのです。 あらすじ ハーバード大学に通うクッソボンボンのお坊っちゃま、 […]

「海街diary」──「生」の延長としての「死」──

えー、一昨日カンヌ映画祭是枝監督パルムドール受賞おめでとう記念でやっていた海街diary、なんとな~く、ゆるっと全部観ました。なにが言いたいのか、そしてどの層をターゲットにしたものなのかは小生がごときガキンチョには分かりませんでしたが、まぁ、安心して観られる映画でしたね。ここから次の矢印まで女性は読み飛ばすことを推奨します、小生は女性の敵にはなりたくありません。 女優さんみんな可愛いし(樹木希林含 […]

小生と映画『ショーシャンクの空に』~希望は「いいもの」だ~

はい、今日が明日になってしまいそうな時間ですが、圧倒的成長丸です。 この間『ショーシャンクの空に』を観てきた感想をば少々。小生はひねくれもの(それとも好き嫌いが激しいだけ? )ですので、嫌いなものに対してはすぐに中指を立てます。「フ○ーーーーーーーーーーーーック!!!!」って大声で叫ぶこともあります。しかし、本当にいい、と思ったものに対しては人一倍素直に感動します。 というわけで、はい。素直に感動 […]

クリス・マルケル監督作「ラ・ジュテ」とセカイ系想像力?

どうも、圧倒的成長丸です。今日は五限のみなので、またシコシコアップしてました。今回は小生の大学でのお勉強の話です。 僕の専攻は考古学ですが、それ以外の分野の講義も結構とってます。論理学(に絡めた批評)、心理学、ポップカルチャー論、哲学、宗教学、まぁおおよそ文学部で出来る人文学的なあれはほとんどとってます、「文系学部はいらない、特に文学部はしねしねおじさん」の最大の敵がこの小生です。うるせぇ! お〇 […]