ツール・ド・フランス2018第二ステージ感想

ども、圧倒的成長丸です。昨日は第二ステージのスタートちょい後から、途中風呂入っている間以外は別ウィンドウでレポートを書きつつツールに釘付けでした。丁度ゴールしたすぐ後に親がはよ寝んかいと圧力をかけてきたので大人しく寝ました。これはベッドから打ってます。
以下感想
今日も逃げるプロコンチーム、ディレクトエネルジー&ワンティ・グループ・ゴベール、今日の逃げには多分トレック・セガフレードもいたかな?また三人が集団を抜け出して逃げる逃げる、小生は録りだめておいた「半分、青い。」の消化に追われて若干遅れましたが、その頃には大分頑張って逃げてました。タイムは一分半前後、その後少ししてトレックの選手が後ろに下がり、ワンティの選手も集団に戻り、気がついたらディレクトエネルジーのシルヴァン・シャヴァネルの一人逃げに、スゲー長い間シャヴァネルの勇姿が映ってました。ウォォォォォ!! シャヴァネルかっけー!! みたいな、乗っているwilier の多分cento10AIRもかっこよかったです。今年の流行なのか、カーボンフレームに金属光沢のある塗装のやつに乗ってました。あー、wilierのバイクもかっこエエなー、とまだ一台目のSempre pro をどこもいじってないのに浮気な気分になりました。この逃げは残り20㎞をちょい過ぎたところで吸収、見ごたえのある逃げでした。そしてスプリントに向けてプロトンでの位置取りがこのくらいでスタートします。昨日みたいな落車を恐れてか、チームスカイやモビスター、BMC、なんかも先頭周辺でコントロールを担ってました。残り10㎞を過ぎたところで例のごとく”wolf pack “クイックステップがコントロールを開始、一時、時速は60㎞をオーバーしていました。勿論ボーラにロット・スーダルなども前方で待機、小生は”最速王子”フルーネウェーヘンの姿が見えない! と一人で焦ってましたが、ちゃんと前方にアシスト二人を従えていました。今日こそフルーネウェーヘンか、キッテルに勝ってもらいたい、そう思っていた矢先、残り7㎞でキッテルがパンク、バイクを交換して集団復帰を目指しますが、アシストもおらず、その上プロトンは最速列車に牽引されてますから、勿論戻れません。なにやってんだカチューシャのアシスト陣は! と思いましたが、ゴール時にはキチンとキッテルを守っていたので一安心。フルーネウェーヘン、頑張れ✊‼️と応援するスプリンターを一人に絞ったところで残り2㎞、またもや落車、阿鼻叫喚の地獄絵図です、フルーネウェーヘンも後方に……そしてマイヨ・ジョーヌのガビリアも遥か後方……プロトンがいっちばん先頭の10人くらいを残して分断、小集団でのスプリントに突入、先にスプリントを開始したのは昨日ダメダメだったアルノー・デマール、デマールの番手? にサガン、続いてバーレーン・メリダのソニー・コルブレッリ、そのちょい後ろにグライペルの順番、絶妙なタイミングでデマールのスリップストリームから抜け出したサガンが追い上げてくるコルブレッリと食い下がるデマールを下して優勝、黄・緑のジャージの二枚をゲット、そして後ろからトコトコとプロトンが戻ってくる。このステージも昨日に引き続き落車の影響で総合勢のタイムがゴリゴリ削られてる感じでした。まともに前方にいたのはバルベルデ師匠ぐらい? 総合の順位だとゲラント・トーマスが上の方にいますが……ボーナスタイムのお陰か?
というわけでツール・ド・フランス第二ステージの感想でした。