ブエルタ・ア・エスパーニャ2018暫定スタートリスト発表と小生的注目選手

NO IMAGE

どうも、圧倒的成長丸です。この夏は圧倒的成長の夏にします、と去年同様宣言しておきながらほぼ成長できていません。馬鹿です。トーイックの勉強は身が入らないし、ブログもそんなし書いてないし、そしてもっと言うとロードに全然乗れてません。暑いのはなんとかなりますが、変速的に入っているバイトやヒマな日の雨、固定ローラー購入の打診失敗の影響がデカいです、うんちです。不貞腐れて寝ていると一日が終わります。最近は積みゲーだった「高機動幻想ガンパレード・マーチ」なんかに手を出して無限に時間をとかしています。そんな小生ですが、三大グランツールのうち最も後に開催される「ブエルタ・ア・エスパーニャ」明日開催ですね、のスタートリスト発表の一報には重い腰をあげました。
というわけでちょちょいとにわかコメントしたいと思います。
ブエルタ・ア・エスパーニャ2018暫定スタートリスト
https://www.cyclowired.jp/news/node/274717
リンク先はシクロワイアード様
細かいあれはリンク先で云々してもらうとして、今回のブエルタはツールやジロで調子が悪かったり、落車だったりして結果が出せなかった選手が多く出場、しかもみんなエース級、というわけでスペインの山岳を舞台に熱い戦いが繰り広げられること必死です、いやマジで。昨年のコンタドール引退の第20ステージもほいよ、これアチアチ、ブエルタね、って感じがビンビン来てましたが、今年も様々なドラマが生まれそうです。ここからはチームごとにお話をしませう。
チームスカイ
ご存知グランツール常勝チーム、使用バイクはピナレロにして悪の親玉(小生はチームスカイが苦手です)
今回はトーマスもフルームもいないため、デラクルス及びクウィアトコウスキーがエースって感じでしょうか、デラクルスはよくわかりませんが、クウィアトコウスキーについては少し前のツール・ド・ポローニュ、地元ポーランド開催のレースでも勝利を挙げていますし、チームスカイのアシストとしての走りもバチコリ光っているので、今回もなかなかアレな感じになるのではないでしょうか、小生はいまから心配です。また、チームスカイが起用する若手選手の存在も不気味です、ツールでのエガン・ベルナルに続いて今回はタオ・ゲオゲガンハートと若手をアシストに起用してのレース、恐ろしいったらありゃしません、少しずつレース感を覚えていって、脂ののってきた時期には圧倒的エースは引退、新エースの座に繰り上がるのは必至ですからね、チームスカイの独裁体制がいつまでも続いちゃいますよこれじゃ。
BMCレーシング
チームタイムトライアルが強い(小並感)使用バイクはBMC、今期でチームは解散しCCC(ツェツェツェ)がスポンサーの新チームとしてスタート予定、ツールでは生憎の二年連続での落車となったポートがエースです。小生はポート落車の次の日の記事(http://overwhelmingglowth.seesaa.net/article/460570937.html でポートはブエルタに出ればいいのでは? とコメントしていたため、読みが当たったな(ニチャア)ってしてます。ディラン・トゥーンスやローハン・デニスなど、アシスト陣もそろっていますから、今度こそグランツールでの勝利をもぎ取れるのではないでしょうか
チームサンウェブ
使用バイクは銀輪の巨人ジャイアント、ツールで活躍したデュムランやマシューズ(リタイア)がサンウェブだと目立ちますが、今回はウィルコ・ケルデルマンがエース、おひげがチャーミングなサイモン・ゲシュケらがアシストにつきます。正直サンウェブの選手は良く知りませんので、このくらいでしょうか。
ロット・スーダル
使用バイクはリドレー、グライペルの移籍がこの頃のビッグニュース、注目の選手は「逃げ屋」トーマス・デヘント、そしてヴィクトール・カンペナールツ、個人TTが強い選手や独創力のある選手が揃っている印象、総合だと誰がエースを担うのかはいまいち分かりませんが、逃げにのって勝利を目指すスタイルに期待がかかります。個人的に平地とかクラシックのチームのイメージが強いので、山岳ステージでどこまで戦えるのか観てみたいです。
ロット・NL・ユンボ
使用バイクはBianchi、小生の推しチームです。エースは今年のツール総合5位、ハンガー張りの肩幅と登坂力を武器に戦うスティーフェン・クルイシュウィック、実力がありながらも「勝ちきれない」ことの多いエースですので、今回こそは! と期待がかかります。また、今年のジロでは総合トップ10入りを果たしていたジョージ・ベネットや、直近のツアー・オブ・ユタでステージ三勝と総合優勝をあげた注目の若手セップ・クースらのアシストやダニー・ファンポッペルのスプリント等、見どころは多そうです。小生はロットNLユンボのように圧倒的といわないまでもそこそこ強く、結果の出ているチームが好きです。若手によって補強をおこなっているところも個人的に好きです、何? スカイの時と言ってることが真逆? 知らんわそんなこと! なにはともあれ、クルイシュウィックが初のグランツール総合優勝を戴冠することを楽しみにしましょう。ベネットも頑張れ。
アスタナ・プロチーム
使用バイクはアルゴン18、カザフスタン籍のチーム、現在行われているアジア大会の自転車競技で別府史之選手を破って優勝したのもここのチームの選手、エースは恐らくミゲルアンヘル・ロペス、ペリョ・ビルバオやオマール・フライレのアシストを受けて戦うことでしょう。ツールの例もありますし、アスタナはステージ優勝も狙ってくるんじゃないでしょうか、プロトンの中ではEFドラパックと並んでウェアが目立ちます。
ミッチェルトン・スコット
使用バイクはスコット、エースはクリソツなイェーツ兄弟でしょうか、両方ともジロ・ツールと活躍はしましたが、結果は今一つ、このブエルタで躍進なるかと期待がかかります。いやほんとにクリソツなんで名前を見ないことにはどっちがどっちか分かりません。チップ&デールぐらい分かりやすかったらいいので、どっちか鼻を赤くしてほしい、右、とか左じゃかわいそうなので。
バーレーン・メリダ
使用バイクはメリダ、エースは今年のツール第12ステージで総合4位につけたままリタイアを余儀なくされた「メッシーナの鮫」ヴィンチェンツォ・ニバリ、雪辱を果たす機会がやってまいりました。ニバリはグランツールを全て制覇していますから、今回のマイヨロホ候補の中でも強さは折り紙付きです。イサギレ兄弟のアシストを受けて頑張れ! 同チームだと先日のビンクバンクツアーで落車、負傷した新城選手が心配ですが、ゆっくり治してまたレースで活躍してほしいです。
トレック・セガフレード
使用バイクはトレック、去年のコンタドール引退の後は総合エース探しに躍起になっていたらしいですが、この度ポートの移籍が決定、ひとまず安心でしょう。エースはツールと同様にバウケ・モレマが担当、その他の選手は良く知りませんが、今回もまた極太ダウンチューブ、クソデカトレックロゴのマドンSLRDiscが駆け抜けることでしょう。
ボーラ・ハンスグローエ
使用バイクはスペシャライズド、今年のツールでまたもマイヨ・ヴェールを獲得したペテル・サガンが今回はプントス(マイヨ・ヴェルデ)の獲得か世界選手権前の調整か分かりませんが、やってきました。総合エースはツール後半の山岳で粘りを見せたラファル・マイカ、山岳がツールよりもキツイこのレースでサガンがポイント賞獲得なるか、マイカは頑張れるか、見ものです。
アージェードゥゼール・ラ・モンディアル
使用バイクはファクター、フランス機体の星、ロメン・バルデのチームとしての印象の強いフランスチームです。今回はバルデ抜きなので恐らくトニー・ガロパンがエース? それともアシスト? AG2Rでエースを張れそうなのはバルデとラトゥールくらいの印象が在りますが(不勉強)二人ともツールにでてしまったのでブエルタはどうなることやら
カチューシャ・アルペシン
使用バイクはキャニオン、今年のツールでも活躍したイルヌール・ザカリンがエースとして出場、以前ブエルタで三位に入っているザカリンが今回はどこまで行けるのか、アルペシンは何となくキッテルやトニマルなどの大型のTT巧者やスプリンターのチームとしての印象が強いため、総合でどこまで戦えるのか、アルペシンのCMは個人的にツボなので頑張ってほしい。アゥペシィン⤴ カフェ⤴イン シャンプゥ↷
モビスター
こちらも使用バイクはキャニオン、今年のツールでは異例のトリプルエース体制を敷いて戦ったものの、それぞれの連携がうまくいかずに倒れた感じ、今回はランダ抜きのバルベルデ師匠&キンタナ村長のダブルエースでマイヨロホを狙う、ジロで活躍したリチャル・カラパスがアシストにつくため、布陣は堅い? とにかくここんところあんまりいいところを見せていないので、こないだの超級山岳での勝利のような鮮烈な勝利が見られるかに期待がかかる。
EFエデュケーショナルファースト・ドラパック
使用バイクはキャノンデール、プロトン内でもひときわ目立つピンクジャージ&毒キノコヘルメットの集団、今年のツールのパヴェでの落車が響いてリタイアしたリゴベルト・ウランをエースに、実力者のマイケル・ウッズと組んでの出場、落車リタイア組の一人として売らんがどこまで戦えるのかに期待。
UAEチーム・エミレーツ
使用バイクはコルナゴ、ジロでバッドデイに調子を大きく崩してイタリア人の期待にこたえることが出来なかったファビオ・アルが再びグランツールに登場、エースとしての意地を見せるか、ツール区間一勝で総合トップ10のダン・マーティンもおるでよ、アシストとしての仕事をすることになりそうですが……
ディメンションデータ
使用バイクはサーヴェロ、今期はカヴェンディッシュの不調からかあんまし勝てていないのがこのチーム、もっと頑張れ! と応援したくなるが、このチームについてはマジでカヴェンディッシュしか知らない、小生のイメージだとカヴェンディッシュとその他アシスト、って感じ、注目選手をブエルタで見つけたい。ルイス・メインチェスはなんか聞いたことある
クイックステップフロアーズ
使用バイクはボーラと同じでスペシャライズドのご存知wolfpack、今回はジロでマリアチクミラーノを獲得しているスプリンター、エリア・ヴィヴィア―ニが恐らくエースとしての立ち位置、ブエルタはステージの半分が山岳なのでさしものクイックステップもヤバいのでは……と思ってますが、アラフィリップみたいにわりかし登ったりするパターンもあるので一概には言えませんね。このチームのデプルスはロットNLユンボへの移籍が決定している。チームの存続が心配……勝利数は多いのに……
グルパマFDJ
使用バイクはラピエール、ジロでポディウムをまじかにしながら肺炎、そしえその後の感染だかなんだかでレース復帰が遅れたバルデと並ぶフランス期待の星、ティボー・ピノがエース、そのほかのアシスト陣については良く知りません。
エウスカディ・ムリアス
使用バイクがオルベアなこと以外は謎のチーム、プロコンチームで有名な選手ってなかなかいないような気もする……
カハルーラル・セグロスRGA(エレへ―アーと読むと通っぽい)
使用バイクはデローザ、それ以外は知らん。逃げが見たい。
コフィディス
使用バイクはクオータ、ツールに出られなかったスプリンター、ナセル・ブアニの戦いに要注目、監督との仲があまりよろしくないようでリードアウトが少ない中ですが、プロコンチーム1の有名人(小生的には)として頑張ってもらいたいもんです。
ブルゴスBH
使用バイクは勿論BH、ここも良く分からん、逃げて欲しい
ということで今年のブエルタの展望? でした。俄かだから強いアシストとか分かりません、ブエルタは放送時間が遅いためどこまで頑張れるか分かりませんが、精一杯応援したいと思います、まぁ翌日見てもいいんだけど、ライブ感が大事かと……