アルミフレームでコンポが105のロードバイク2021年モデル総まとめ!

アルミフレームでコンポが105のロードバイク2021年モデル総まとめ!

どうも、せんちゃんです。

今日はなんかこういう気分、というか自分がロードバイクを始めるときに一番重視してて、かつ一番悩んだ部分だなぁ……と思う「コレ」

アルミフレームで105のロードバイク意外とまとまってない問題について、シコシコまとめてみました。誰かのお役に立てればと思います。自分がロードバイクを始めるときにメジャー、マイナー問わずメーカーをリストアップしてまとめた時の資料を流用してるだけですが……取り敢えずアルファベット順で……

↓こちらは小生の『105』に対するインプレ

https://overwhelming-growth.com/post-169

紹介に入る前に、押さえておきたいアルミフレームのTips

何故、アルミなのか

よく初心者向けのロードバイクを探していて目にするのが「アルミフレームにカーボンフォーク、コンポは105」という文言です。この記事も全体としてそれを目指して書かれています。

何故、こう言われるのか、何故アルミなのか、それはアルミが安価で、耐久性が高く(一部のハイエンドアルミフレームはそれなりの注意が必要です)且つ踏み込んだときのダイレクト感は唯一無二、一昔前はプロでもアルミのダイレクト感を求めてアルミフレームに乗ったほどです。

近年は「カーボンキラー」と呼ばれるような性能面でカーボンロードバイクを食うようなものも多く登場しており、各社技術的にも高いレベルで足並みがそろっています。だから、アルミなのです。

素材の型番について

アルミフレームを探しているとよく目にするのが6069番アルミ、とか6066番アルミとか7000番台アルミ、とか言ったセリフの数々、何を言っとるんだコレはとお思いになるかと思いますが、素材の性質を表しています。

主にロードバイクに用いられるのは6060番台のアルミです。強度が高く、耐食性に優れており、且つ成型の自由度が高いです。

7000番台のアルミはこの1、2年の間でほとんど目にしなくなりましたが、所謂「ジュラルミン」とかの仲間になります。6000番台アルミよりも強度が高いですが、応力腐食や腐食に弱いのが弱点です。

素材の熱処理について

アルミフレームは素材のアルミに施された熱処理によって性能が大きく変わる場合もあるので、きちんとやった時にはメーカー側もそれをアピールします。(ex AL6061-T6)代表的なものは「T6」処理でしょう。

「焼き入れ」と「焼き戻し」で金属の組成として安定した強度を持った素材であることを表しています。ホイールで有名な「フルクラム」社も「レーシング3」以上のグレードではこれをやっています。

ハイドロフォーミング加工とバテッド加工って何?

アルミロードバイクを探していて比較的よく目にするのがこれ、ハイドロフォーミング加工、バテッド加工、一体何が言いたいのか、どちらもフレームの加工について述べたものです。

ハイドロフォーミング加工はフレーム内部より液体で圧力をかけることで外形を狙った形に加工することを言います。これによりカーボンモノコックに匹敵するほどの複雑な成型が可能になります。

逆にバテッド加工は内部のフレームの厚みを調整し、部材が必要な部分は分厚く、そうじゃない部分は薄く作ることで軽量化と乗り味の調整を図っています。シングル、ダブル、トリプルと数字が増えていくほど複雑な加工だと言えます。

スムースウェルディング処理とは

近年のアルミ加工技術の中で特筆すべき点として「溶接技術」の向上はアルミバイクのルックスに関わる重要なポイントです。

各社がそれぞれしのぎを削っています。代表的なのはトレックのインビジブルウェルドでしょうか、カーボンバイクに見まがう程の流麗なフォルムが特徴的。他にも溶接部の徹底的な研磨により溶接痕を出来るだけ滑らかに仕上げる手法やスペシャライズドのDSW(D’Alusio Smart Weld)のような特殊な溶接によって各社見た目も「カーボンに近い」バイクを目指しています。

ブレーキはリム? それともディスク?

現在はリムブレーキからディスクブレーキの移行期となっており、多くのメーカーがハイエンドモデルでのリムブレーキの生産を終了するなど、業界の流れとしても全体的にそうなってきています。

ただ、どちらがいいとは一概には言えません。

リムブレーキも円熟期のため、非常によく効きますし、軽量です。対してディスクブレーキはようやく規格が決まったところで、ホイールを買う時には規格を気にしないといけません、コントロール性は高く、低重心で高剛性、いいことづくめのようですが、問題は重量が重いこと、並びに価格が高いことです。一般的にリムブレーキのモデルより5万円ほどは高いでしょうか。

ここで紹介していくものの多くはリムブレーキのモデルですが、エントリー向けにもディスクブレーキは広がりつつあるので、ディスクブレーキモデルが併売されているものはその旨を記載しています。

ANCHOR(BRIDGESTONE)RS6

今季からダウンチューブのロゴがブリジストンに

信頼と安心の日本メーカー、実直なものづくりに定評のあるブリジストンのレーシングラインである「アンカー」のアルミモデル、上位モデルと同様ブリジストン独自の解析技術「プロフォーマット」で「進む」バイクとなっている。カラーは32色から選択でき、且つ仕上げも3種類から選べるお買い得仕様(一部アップチャージあり)「すぐ欲しい!」時は在庫のあるカラーからしか選べないが、待てればこだわりの一台で始められる。

【ANCHOR】(アンカー) 2021 RS6 105(2x11s)ロードバイク完成車(自転車)ブリヂストンアンカー BRIDGESTONE

価格:179,080円
(2020/9/29 17:37時点)
感想(0件)

BASSO MONZA

ともすればマイナーにもなりかねないイタリアンブランド「BASSO(バッソ)」ドイツ市場向けの製品開発に主眼をおいているため、イタリアンブランド「らしさ」としての華やかさにはやや欠けるが、質実剛健なものづくりには定評がある。トリプルバテッドアルミフレームに105をフルセット、コストダウンのため社外品やダウングレード品が使われることの多いブレーキ、クランクまで105で揃えたお買い得仕様だ。

(選べる特典付き!)ロードバイク 2020 BASSO バッソ MONZA モンツァ R7000 WH-RS100仕様 ブラックブルー SHIMANO 105 2×11SP アルミ

価格:147,730円
(2020/9/29 17:38時点)
感想(0件)

BIANCHI VIA NIRONE7 105

ワイヤールーティングも内蔵ですっきり。

言わずと知れたおしゃれ自転車ブランドのビアンキ、海の家、カバン、アパレルの多角的なアプローチで認知度も上々、最近はレースでも存在感を見せつけている。今年はツールドフランスでも大健闘、総合優勝はあと一歩のところで手から滑り落ちてしまったが、かつてのレーシングブランドとしての威信を取り戻しつつある。

ディスクブレーキのグラベルバージョンあり。

BIANCHI 2021年モデル VIA NIRONE7 105 ヴィアニローネ7 105 ロードバイク

価格:162,800円
(2020/9/29 17:39時点)
感想(0件)

BMC RoadMachine ALR ONE

この価格帯でも満足の性能とルックス

昨今のロードバイクのトレンドであるコンパクトなリアトライアングルやD型シートポストなど、先見の明に溢れたメーカー。スイスブランドらしい堅実且つ精密な設計が随所に見て取れる。

価格帯はここで紹介している他のバイクと変わらないが、その中で他の人とは違ったモノが欲しい、人と被りたくない、そんなアナタにおススメのブランドだ。取扱店舗の数が多いわけではないので、どこでも買える、という気軽さはないのでよく注意しよう。

ディスクブレーキ仕様あり。

CANNONDALE CAAD13 105

CAADシリーズの最新作

2020年モデルよりブランドイメージを一新したキャノンデール、シックでモダンなデザイン(なんかappleみたいな感じ)を積極的に採用。アルミフレームの技術に定評があり、caad(Cannondale Advanced Aluminum Design)シリーズは高性能アルミフレームの代名詞で前作CAAD12はアルミフレームの名機として名高い、そして2020年モデルで遂にモデルチェンジ、エアロと快適性を伸ばしたCAAD13となった、流行りのディスクブレーキモデルもあり。なお、レース向けのスパルタンな性能を求めるのであればCAAD12のストックを探すことをお勧めする(2021年現在、まだわずかに残ってそうです)

ディスクブレーキ仕様あり

CINELLI EXPERIENCE

「カッコいいバイク」と言えばチネリ

「チネリ」というとピストバイクのイメージが強いが、その昔は伝説のロードレーサーである”カンピオニッシモ”エディ・メルクスのバイクとして数多くの伝説的な記録を残してきた。

現在レース界隈では鳴りを潜めているが、アーティスティックなグラフィックセンスは唯一無二、ちょっと人と違う、それでいて独創的でストリートエッセンスの効いたバイクが欲しければ、もうチネリしかないだろう。アルミチューブで有名なコロンバス社のチューブを用いているため、走行性能も折り紙付き。

COLNAGO A2-R

ロードバイクの「イタリア御三家」としてデローザやピナレロと肩を並べるのがこのブランド「コルナゴ」だ。他ブランドに先駆けて自転車の素材にカーボンを用いた先見性に加え、創業者エルネスト・コルナゴ老の絶えることのない自転車に対する情熱が今も息づいており、独特の深みのあるバイクをいまでも生産している。ロゴが少しダサくなった気がするが、フォークが上位モデルのものと同じものになり、走行性能は大幅に向上した。

CORRATEC DOLOMITI

こちらはジャーマンブランド「コラテック」のバイク、イタリアはドロミテ山塊の名を冠したアルミフレームがこちら、マイナーチェンジを重ね、トリプルバテッドのアルミチューブにカーボンシートポスト、と年々性能が上がっている。セミオーダーシステムである「Japan Assembly」にも対応しており、納得のいく初期性能が得られそうだ。個人的にはカラーリングの爽やかさが好み、実際ロードを買う時には最後まで候補に残っていた。

ディスクブレーキ仕様あり。

EDDY MERCKX BLOCKHAUS 67

伝説のロードレーサー「エディ・メルクス」氏の名前を冠したブランド、以前は氏が自身でブランドの運営に携わっていたが、高齢化とともに引退、以前はデローザの創業者のウーゴ・デローザ氏に師事しフレームビルダーとしても活躍していたというから驚きだ。

肝心のブロックハウス67だが、やはり「レーサー」としての性格が強い、アルミならではの機敏な反応性とダイレクトで軽快な身のこなしが身上のレースバイクだ。初めからレースを視野に入れるならおススメである。

FELT FR30

隠れた高コスパモデル

質実剛健なジャーマンブランド「FELT」ブランド曰く「高い広告費を払っていない(チームに機材供給をしていない)」ことから性能に反して価格は控えめ、上位のカーボンモデルである「FR Advanced」シリーズは他社ならハイエンドモデルに使用されるカーボン素材「Textreme」をミドルレンジから採用している。このコスパの高さはアルミモデルでも同様、カーボン製のシートポスト、上位モデル同様の素材を用いたカーボンフォークに105をフルセット、妥協なしのアッセンブルが魅力的だ。

ディスクブレーキ仕様あり

FELT(フェルト) 2021年モデル FR30[アルミフレーム][ロードバイク・ロードレーサー]

価格:205,920円
(2020/9/30 13:51時点)
感想(0件)

FOCUS IZARCO RACE 6.9

こちらもジャーマンブランドの「フォーカス」以前はプロチーム「AG2R」に機材供給を行っており、鮮やかなスカイブルーのバイクが印象的だった。日本ではSNSが話題(?)の「インザスカイSANO」氏も所属するチーム「マトリックスパワータグ」に機材を供給している。アルミモデルのイザルコレースは以前CAYOという名前だった(漫画ろんぐらいだぁす!の主人公のバイク)。カーボンモデルと同じジオメトリーを採用しており、レース、ロングライド問わず性能を発揮する。

FUJI SL-A

日本発のアメリカンブランド「フジ」のアルミフレーム、前作「ルーベ」とフレーム・フォークは変わらないものの、ネーミングの問題(恐らくスペシャの「Roubaix」)があったのか、上位モデルの「SL」を踏襲し、アルミフレームであることを表す「A」の文字を加えたようだ。バイク自体はカスタム次第で7㎏を切ることが出来る高性能なアルミバイクのプラットフォームとなっている。フレーム重量は1080g(56サイズ、未塗装)にかつてはブエルタを制したハイエンドモデル「アルタミラ」に用いられたC10カーボン製フォークが付属してこれだからスゴイ、今季はカラーリングもカッコいい。

GIANT TCR SL 2

世界最大の自転車メーカーとして名を馳せる”銀輪の巨人”ことGIANT、ここのバイクはよく見かけるのと(クロスバイクEscapeシリーズはベストセラー)ロゴがあまりかっちょよくないため、一部ではジャイアントwwwみたいな輩もいるそうだが、そういう彼の乗っているバイクもOEMのGIANT製だったりする。多数のメーカーのOEMを受託するほどの品質には折り紙付き、そして安い、ブランドイメージはあれだが、最近はハイエンドコンポ―ネントシリーズ”CADEX”を発表するなど調子は良さそう。

GIOS LESTA

ジオスブルーが最高にイカす

街中でよく見かける自転車メーカーその2、ここのクロスバイク「ミストラル」もベストセラー、中々売れ行きも好調だし「ジオスブルー」と呼ばれる独特の深い青にも定評あり。しかし2000年代後半から2010年代半ばまで「バイシクルクラブ」で活躍した革命家(笑)である「エンゾ早川」氏のせいでブランドイメージが悪かった時もあった、エンゾwwwみたいな。近年はエンゾ氏もいないし、そこそこコスパのいいブランドとしての立ち位置をキープしている。

【BIKOTのバックパックプレゼント対象商品】GIOS(ジオス) 2020年モデル LESTA (レスタ)105 (ホイール:RS-100)[アルミフレーム][ロードバイク・ロードレーサー]

価格:175,560円
(2019/10/24 12:58時点)
感想(0件)

JAMIS ICON PRO LTD

第二のカーボンキラー

グラベルロード「レネゲード」シリーズの売り上げが好調なアメリカンメーカー「ジェイミス」オンロード向けのバイクとして外せないのがこの「アイコンプロ」だ。極太のシートチューブを使用し、ペダリングに必要な部分は意地でもしならせない、という思い切りのいい姿勢に個人的に拍手、完成車では珍しいアメリカンクラシックのホイールを採用するなど、独自路線が際立つ。その走行性能は「カーボンキラー」を名乗るに値する出来、本国にはディスクブレーキ仕様あり。

KHODAA BLOOM FARNA DISC 105

日本のホダカ自転車のレーシングラインである「コーダーブルーム」のアルミフレームラインナップの定番「ファーナ(ファルナ)」にディスクブレーキモデルが登場した。さらにジオメトリーも一新され、快適性だけでなく反応性も向上、さらに日本人の体形に合わせた豊富なサイズ展開でまさに「誰でも」気軽に楽しめるロードバイクとなっている。マットブルーのカラーリングもイカしている、何気にタイヤが独コンチネンタル社の大人気ハイエンドモデルのGP5000なのも高評価、最初からいいタイヤを履いているとそれだけ満足感も高い。

LAPIERRE SENSIUM SL 500

おフランスの貴公子的バイク

おフランスはラピエールのアルミフレームシリーズがこの「センシウム」だ。ラピエールと言うと爽やかなフレンチトリコロールが印象的なメーカーだが、アルミモデルはいぶし銀なカラーリングだ。今シーズンは供給チームである「FDJ」のエース、ティボー・ピノ―の活躍もあってフランスを沸かせたが日本でのブランドの立ち位置は微妙でなんとも言えない感じだ。リムブレーキのモデルもあることにはあるが、コンポーネントのランクが下がるのでここでは紹介しない。

(選べる特典付き!)ロードバイク 2020 LAPIERRE ラピエール SENSIUM AL 500 DISC センシウム AL 500 ディスク SHIMANO 105 22段変速 ディスク仕様 700C アルミ

価格:165,550円
(2020/9/30 13:53時点)
感想(0件)

MERIDA SCULTURA 400

日本のヒーローとしてプロチーム「バーレーン・メリダ」で戦う新城幸也も乗ってるブランド「メリダ」のアルミロードバイク、カーボン製のスクルトゥーラに迫る軽量性と同じ台湾ブランドであるジャイアントと並ぶコストパフォーマンスが魅力的、機材供給を受ける「バーレーン・マクラーレン」だが、今シーズンはレースで目立った活躍は見られていない。

一方「ユキヤ」は積極果敢なレース展開をしていてカッコいい、頑張って欲しい。

MERIDA メリダ 2021 SCULTURA RIM 400 スクルトゥーラ リム 400

価格:138,500円
(2020/9/30 13:55時点)
感想(0件)

SCOTT SPEED STER10

28cで快適

スイス?ブランドの「スコット」からはこちらのバイク「スピードスター10」をご紹介、現在のロードバイクのタイヤ幅は標準で25cだが、こちらに装着されているのは28cと少し太め、快適性が高いだけでなく、安定性もあり、初心者でも安心してロードバイクを楽しめる。速く走りたくなったらタイヤを25cに変更して楽しむのも全然あり、ディスクブレーキ仕様、グラベル仕様もあり、好きなのを選ぼう。

SPECIALIZED ALLEZ SPRINT

アルミエアロロードのベンチマーク

現在最強最速のロードバイクメーカーとしてトッププロからアマチュアにまで愛されるブランドである「スペシャライズド」からはアルミなのにエアロロードの「アレースプリント」を。同社トップグレードであるS=worksのカーボンフォークとシートポストを装備してこのお値段、圧倒的なコストパフォーマンス、ロードレース界のスーパースター、ペテル・サガンもクリテリウムで使用した実績あるロードバイク、ディスクブレーキ仕様あり。

TREK Emonda ALR5

美しいカラーリングも特徴

スペシャライズドと並ぶアメリカのメーカー「トレック」のアルミフレームがこちら、同社の軽量バイク「エモンダ」のアルミフレームバージョン、インビジブルウェルドによりほぼカーボンと変わらない美しいフォルム、そして見る角度によってカラーリングが変わって見える「パープルフリップ」と上品なルックスに軽量性とダイレクトマウントブレーキの制動力を併せ持ったアルミバイク、ディスクブレーキ仕様あり。

最初からカーボンバイクも全然あり、控えめプライスのバイクをご紹介

GUSTO RCR Team Elite

カタログ写真で失礼

まず、プライスタグに驚きだ。カーボンバイクで188000円!? なんで!? ニンジャナンデ!? となること請け合いだが、さらにそのカーボン素材にも驚かされる、他社ならフラッグシップ採用の東レ製T-1000、T-800という高級素材を用いてこの価格なのだ。確かにホイールはしょっぱいが、腐ってもカンパニョーロ、逆にカスタムの楽しみが広がっていいかも知れない。

ただ、惜しむらくはその販売店の少なさ、これだけはどうしようもない。

まとめ、好きなのを買おう

ここまで散々紹介してきてそれかよ! というツッコミが聞こえてきそうだが、最初のロードバイクはフィーリングで選ぶのが最善、小生もカーボンにコンポがSORAで128000円というプライスタグに惹かれて「Bianchi Sempre Pro」を購入したが、そこからコンポを105に変更、こないだはカーボンセミディープホイールを購入とかなり楽しませてもらっている。ロードバイクはカスタムの幅も広いため、自分好みの一台にすることは簡単、見た目で選んでも損はない、どうせハマればもっと高くて硬くて速いのが欲しくなるんだから。

周辺用品は海外通販で安く揃えましょう!