NO IMAGE

就活ローディー小生、onecareer EXPO参加レポート

  • 2019年6月1日
  • 2019年6月7日
  • 未分類
  • 7view

前回の雑なあらすじ

就活に困っていた小生、そこに一通の手紙が届く、生協主催セミナーに行った小生は就活に目覚め、男子一生のユニフォーム、スーツという特殊強化装甲服に身を包む就活ローディーとなり、悪の組織経団連によって歪められた就活を乗り切ることを決めた──

というわけで今回はone career主催の合同説明会へ、大学一限と五限の間の空きコマに行ってきました。普段は筋トレに充ててる貴重な時間です。

会場は東京国際フォーラム、小生は大手町から歩きました。サクッととうちゃこ、しかしなんか女オタクみたいなのが多い……。

ホール間違えてました

気を取り直してE1ホールに向かいます。開場30分前だと言うのに人多すぎです。なんだこれは……たまげたなぁ……取り敢えずゆっくりクソしてからGO、就活は体が資本です。

並ぶこと十数分、ようやく受付に、ORコードを提示するのですが、一斉にみんながアクセスするのでサーバーがパンク、もうアホかって思いますたよ。人数に制限ぐらい設けとけや、キャパオーバーやろと。

受付を済ませてからもしばらく並びます。早めに来ておいたおかげで集団の中ほどよりは前、今度行くよ! って方は出来るだけ早めに来ましょう。激混みです。

今回のEXPOは大手も大手しか来ていません。小生はミーハーな気持ちで外資コンサルを見に来ました。

一社目 アクセンチュア

言わずと知れた外資コンサル。

イノベーションによって世界の人々の仕事をより良くする

が企業理念でこのイノベーションが基本であり、これを持たないとダメ、それもそのはず。現代のコンサルタント、エンジニアは変革の進む社会の中で従来通りの「アドバイザー」から成果を共に創出するクライアントのビジネス・パートナーでなければいけませんから。

現代のコンサルのアプローチは「デザイン思考型」ライフジャーニーに合わせた最善の策を提案するのがお仕事になっている。必要なのは「本質の中の本質を見抜く力」であり、求められているのはただのイエスマンではない「素直な人」が大事、入社後は常に勉強し、スペシャリストであり続けなければならない、何か武器になるものが必要。

海外などで協業する連中は化け物クラスの人材なのはちょっと聞けば分かりました。様々な人間が自分の一番得意な分野で勝負する、物凄くカッコいいけど、物凄くハードルも高い。

二社目 A.T.カーニー

こちらも外資コンサル、立ち見でした。みんなスペースを開けて詰めるためにリュックを下ろしていたのに前のヤツがいつまで経ってもスペースを占有していたので軽くつついたら気づいたみたいでホッと一息、アクセンチュアに比べてやや「チャラめ(個人の感想です)」中国の方も前線で働いているからブースに来て話をしてくれました、やや聞きづらかったけど、スゲー練習したんでしょう、ガッツです。
業務内容はアクセンチュアとあまり変わらず、人数が少ないため、社員同士の仲が良いそう。
中国の方がブースにいるからか、中華就活生もいました(中華カーボンみたいに言うな)。
ここで小生はゼミの教授が石器の実測中に話してくれたことを思い出しました。

君らは大変だね、ただでさえ就活が大変なのに、これからは留学生とも席を取り合わなきゃいけなくなるから……今の留学生は自国に帰らなくなってきてる、日本で就活するんだよ、そっちの方が割がいいから、それに言語だって、母国語、日本語、それから英語と三つ使える、君らはせいぜい日本語と英語の二つだ、どちらに利があるかは考えなくても分かるだろう?

三社目 kubota

長澤まさみの「クボタ!」のCMが可愛いクボタ、飯塚幸三容疑者のうんぬんなのでモヤモヤはあるものの、うちの親父が「『水事業』に強いところが今後来る、クボタでもTORAYでも見といたら」としつこいので取り敢えずこの機会に見ておく。

TORAYはカーボン! T1100Gは圧倒的高弾性率を誇る革新的素材! T1000! T900! T800! T700! と小生は叫びましたが、繊維技術を応用した水事業があって、それが来る、とのことです。

やたらと東レの話が長くなりましたが、ここから少しまともなお話、今回見た企業の中では最も現実的に入れそう、且つ興味が持てた。食料、水、環境とそれぞれ人間の生活と切っても切れない関係にあるものばかりを取り扱っているため、くいっぱぐれなさそう。インターンも面白そうですし。

本社が大阪にあるのがややネックと言えばネックになりそうですが、関西の方がロードレースは多そうなので社会人になってから本気で自転車をやろうと思っている小生にはいいかも知れない。

四社目 経営共創基盤(IGPI)

講義の時間が迫り、最後にあと一個だけ見て帰ろうと思っていたところでスカスカのブースを発見、小生は空いている不人気企業の話を聞くのが大好きなので取り敢えず直行、そしたらコンサルでした……やや残念、ファーストリテイリングでもいっておけばよかったか!?

取り敢えず話を聞く、担当者がワンレンの土屋アンナみたいな喋り方をする女性で正直圧倒された。だが、どうも話を聞いているとM&Aをやってから中途でコンサルに入った中々のやり手のようであった。

コンサルの中でも大企業ばかりを扱うのではなく、上は政府から下は中小、ベンチャーまで幅広いクライアントをハンズオンで徹底的にサポート、そこが違うようだ。社名にもあるように「共創」をテーマにしていることが窺えた。

5時帰りのOLにはなれないそう、多少の忙しさはあり。

One career EXPOのメリット

とにかく企業の数が多い、自分のまったく知らない企業であっても、ふらっと入って話を聞けるのが魅力的、他にも抽選にはなってしまうが、特別講演があるなど、この時期の就活には非常に手堅い味方となってくれる。ターム制で行われるため、時間の区切りが分かりやすいのもポイント。

周りの学生は玉石混交なのかどうかは知らんが、賢そうなのから馬鹿そうなのまで色々いる。一応ワンキャリアは東大、京大、早慶でのシェアを売りにしているため、そのくらいのレベルだろうか、周りの人の話に聞き耳を立ててみると、どのくらい就活が進んでいるのか等についても知ることが出来、そこそこ面白い。「敵を知る」ことができるのが良い。

One career EXPOのデメリット

企業が多い、ということは人も多い、多すぎる、何故人数に制限を設けなかったのか呆れてしまうほどに人が多い、まず受付で待つ、次に入場で待つ、会場の導線が悪く、移動がままならない、一直線にブースに向かうよりも遠回りする方が圧倒的に速い、意味が分からない。ホールにいる間に二階を見上げると、ぐるりとホールを取り囲むように列ができていた。サーバーも落ちてしまっていて、ワンキャリアのマイページへのログインすら怪しかったのも良くない。経団連云々で早まった就活時期にワンキャリア側が対応できていなかった可能性もあるため、サーバーの増強はしておいてもらいたい。

就活に対する意気込み

周りの人間以外のもっと幅広いところでの就活生がどんな感じ化が見れて、ある程度「敵」を知ることが出来たと思う。まだまだ本格的な就活には至っていないようで、髪の毛がファンキーなカラーだったりなんだり、こんな感じで大丈夫か? な人はいっぱいいました。あと、外資コンサルは人気、小生含めてミーハーなだけだとは思いますが、小生は現実路線で頑張ります。

えっ……? 私の業界研究、遅すぎ?

そんなアナタはこれ使って手早く業界研究しましょう。あと、インターンのエントリーの時点でSPIが必要になるパターンも多いので、認識が甘かったな……って小生含む就活生はさっさと始めちゃいましょう。

就職四季報 企業研究・インターンシップ版 2021年版 (就職シリーズ) (就職四季報シリーズ)

新品価格
¥1,512から
(2019/6/7 21:31時点)

主要3方式<テストセンター・ペーパー・WEBテスティング>対応】これが本当のSPI3だ! 【2021年度版】

新品価格
¥1,512から
(2019/6/7 21:33時点)

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!