右膝ガバガバローディー復活記その3──固定ローラー(tacx blue matic)試走とガーミンのテスト──

こんばんは、圧倒的成長丸です。現在所属している出版サークル、早稲田ガーディアンの方で遂に「早稲田魂19」の編集作業が始まりまして各種Adobeソフトを揃えての編集作業に追われているため、いまいちこっちのブログの方の更新が進んでいません。
現在抜釘手術から二週と三日、経過は良好でリハビリもぼちぼち進んでおります。しかしまぁこの脚の筋肉というのは一度落ちると中々戻らないものでして……理学療法士さんに指示されたメニューだけだとどう考えても元の水準には戻せない……かといってランジやスクワットなどの膝に負荷のかかる動作は許されていない……かなりキツいです。もともとの太ももの周長が左43㎝、右40㎝でまだ左右差が完全に治ったわけではありませんでした(そのせいで右のふくらはぎが頑張ってえげつない形状になっているのは話したような話していないような……)。その状況でもう一度筋力低下となるとかなりアレな感じです。左右差を完全に治すチャンス!とか言って前向きになってみてもキツイものはキツイです。きちんとトレーニングして、いつかはどっか地域とかショップとかのチームに入ってレースにも参戦してみたいと考えている私ですから、一刻も早くまともなトレーニングに戻りたいです。
というわけで今回は練習許可が下りた時に備えて環境整備をしたお話です。こないだEVANSCYCLEからガーミンエッジ820が届き、塾講のお留守番バイトの時に設定を済ませた話はしましたが、今回はそれに続いてローラー台(tacx blue matic)の開封から組み立てまでを済ませました。考えていたよりもずっと早く終わり、ガーミンを装着してただの「Sempre pro」から「Sempre pro XR」となり戦闘力が上がったカーボンバイクをセッティングしてちょっと乗っちゃいました、ドクターストップ? ちょっとくらいならええやろ、っていう軽ーい気持ちです。
既に最後にロードに乗ってから6週間が経とうとしていたため、タイヤはベコベコになってました。空気を入れて完全にセットアップ、ガーミンをインドアトレーニングモードに入れてトレーニングスタート、心拍計とかのペアリングも取りたかったので取り敢えず一キロほど試走しようとペダリング開始、しばらく乗っていなかったので感覚が掴みづらい……ペダリング開始するもチェーンのメンテが済んでいないせいか若干ギシつきました。幸いのっていたらすぐにギシつきはなくなりましたが……
脚の筋力が落ちている……というか落ちきっている? のでいまいちペダリングに力が入らない……まぁ素足でTIMEのビンディングペダルを無理矢理掴んで回していたってのもありますが……ケイデンスは60で精一杯、中々不可もかけられない状況……心拍はゾーン的にはZ1の安定感があったのですが、肉体的には衰えを感じざるを得ない感じでした。
最終的に1.01㎞走って平均速度は14.5㎞、平均ケイデンスが49rpm、平均心拍が106bpmという結果でした。
ガーミンのペアリングは非常に良好、ストラバ(フォロワー一人)へのアップロードも順調でした。なんだかんだフォロワーからいいね! が付くと嬉しい……まぁ、リハビリ頑張ってるなぁ……って思ってもらえてるんでしょうか、顔も見たことのない人だし、なんでフォローされたのかも分からんけど……
というわけで今日のローラー台試走でした、きちんと許可が下りて乗れるようになったらローラー台もインプレしたいと思いマス。tacxの固定ローラー(ベーシックトレーナー)のインプレめっちゃ少ないので……誰かのお役に立てたらと良いかと……術後のブログはアフィカスより「読んでもらえる」ことをメインに運営しております。心境の変化ってやつですね。
画像も後で合わせてアップしときます。それでは……