BMCから新型TeamMachineSLR2021年モデルが登場!

マドンに続き、今度はBMCから新型TeamMachineSLRの発表です!

いやー、買えないけど新型機材が大好きな小生にとっては楽しいシーズンがやってきました!

元ネタhttps://www.bikeradar.com/news/2021-bmc-teammachine-slr/

BMCTeamMachineSLR2021年モデルの概要

BMCの名作オールラウンダー、TeamMachineが10周年記念でモデルチェンジ!

新型は軽く、剛性も高く、そしてエアロに! といういつもの三拍子が並びます。

なんだかんだ最新規格を作ってきたスイスブランドもついに流行の完全内装軽量エアロオールラウンダーを作りました、ってお話です。

54サイズでフレームは830ℊ(諸々込み)フォークは345ℊ、前モデルのシステムウエイトが1815ℊだったのに対して新型は1655ℊに!

セカンドグレードのフレーム重量は990ℊ、フォークは375ℊ、それでもディスクロードにしちゃ軽い。

新型TeamMachineの抑えておきたい6つのポイント

  1. 新型は旧型に比べて6%速く、9%軽く、20%硬い
  2. ディスクブレーキオンリーでフレームセットはSLR01(830ℊ)とSLR(990ℊ)の2種類
  3. SLR01はBMCのバイクの中で最もインテグレーテッドされている、新しい、ハンドル/ステムにシートポスト、タイムマシーンに採用されたボトルケージ含む。
  4. ステルスドロップアウトなどのデザインが最もエアロなSLRのキモ
  5. このバイクのために新しいスーパーコンピューターを作った。
  6. モデルは12のラインナップあり。

と、まぁこんな感じ。先代のSLRのドロップドシートステーも、エアロフォークも、D型シートポストも新時代の潮流になりましたが、そこをさらに性能を突き詰めてくるのがスイスエンジニアリングの憎いところです。

何が変わったのか

ace+という新しいスパコンで解析してデザインした結果、重量、剛性、エアロダイナミクスの三点を高いバランスで成立させることに成功、ヴァーチャルにプロトタイプのカーボンレイアップとモックアップが可能になったおかげでCFD解析やり放題、剛性バランスも最適化。

ステルスドロップアウトで部品点数を削減、軽くエアロにこだわり、タイヤクリアランスは30㎜まで拡大。

まとめ:スイスエンジニアリングの粋を集めたエアロオールラウンダー

本家、ともいうべきモダンオールラウンダーの祖が放つバイクです。今年はNTTプロサイクリングに全日本チャンプの入部正太郎選手もいますし、活躍も併せて期待が高まります。

インプレはコチラ