Visionから新型ハイエンドホイール「Metron 45 /60 SL」が登場! 軽く、速く、ワイドでエアロに!

お久しぶりです、このところ隣に引っ越してきたヤニカスのせいで夜も眠れない日々を過ごしており、更新が滞っておりました。

大東建託の連中絶対舐めてやがるな……

というわけで今回はコチラのネタ、現在開催中のツールドフランスで目撃されたニューホイールのお話です。

https://bikerumor.com/2021/07/06/vision-metron-45-60-sl-aero-wheels-get-wider-much-lighter-at-le-tour-de-france/

ツールで

Visionは、チューブラーとチューブレスクリンチャーの両方で、ワイドで軽量なハイエンドカーボンホイール「メトロン45SL」および「メトロン60SL」ディスクブレーキホイールの詳細を発表しました。

以前のVisionMetron SL世代よりもリム幅は最大で20%広く拡張され、より幅の広いタイヤに最適化され、エアロダイナミクスの向上を実現します。これらの新しいディスクブレーキホイールは、以前よりもディープで、11〜13%軽量であり、さらにかかりが速くなった新型のハブを備えています。

新型への刷新

昨シーズン、Visionは、Metronシリーズの中で最もディープなMetron 81 SLを発売したときに、長期にわたって狭いままだったリム内幅を19mmにしました。

しかし現在、これらのMetron55SLおよび40SLホイールは、新型のVision Metron 45SLディスクおよびMetron60 SLディスクホイールに取って代わられ、わずかにディープで、よりワイドなリムに刷新されました。

新しいホイールセット(実際にはチューブラーとチューブレスのオプションで4つのラインアップがあります)は、最新の28mmのタイヤでエアロダイナミクスをp最適化するために21mmのリム内幅(フックあり)に基づく新しい幅の広いリム形状を備えています。

全体的なリムは似たような形状ですが、ビード部に比べてさらに広く膨らみ、より鈍い形状になりました。Visionによると、新しい形状により、向かい風での抗力が少なくなるのは勿論ですが、通常は浅いリムの方が良いとされるようなヨー角での抗力も減少し、横風での安定性が15〜21%向上します。 チューブラーリムは同じ外形寸法と形状を共有しており、これも大容量のチューブラータイヤ用に最適化されています。

45mmのリムハイト、内幅21mmのリムは、最大31.1mmの外幅まで拡張されました(リム内幅19mm、リムハイト40mmの先代よりも5.1mm広い)。そして、60mmのリムハイト、内幅21mmのリムはそれをさらに進め、最も広い部分で33mmとなります(リム内幅19mmのリムハイト55mmの先代よりも6mm広い)。

では、どのようにして軽量化を成し遂げたのでしょうか。

軽量化の秘密

よりワイドなMetronSL Discホイールの減量の鍵となるトリックは、より高度な手作りのカーボン構造であるように思われます。Visionによると、繊維の個々の層のより正確なレイアップとスポーク穴での新しい補強に加えて、カーボン層の間に新しいフォーム層を追加したことにより、より低い重量で剛性特性を向上させるのに成功したようです。

45mmと60mmのリムハイトはどちらも新しいため、定量化するのは少し難しいですが、5mm浅い先代のホイールと比較しても、それらはすべて先代よりも軽いです。

メトロン45SLディスクチューブラー1410g(40 SLより10-40g減少)

メトロン45SLディスクチューブレスクリンチャー1510g(40 SLで20-70gダウン)

メトロン60SLディスクチューブラー1450g(55 SLより70-90g減少)

メトロン60SLディスクチューブレスクリンチャー1600g(55 SLより40-90gダウン)

Visionのホワイトペーパーによると、ホイールセットあたりの重量は最大で140g軽量化されています。上記の数値は、VisionのカタログおよびWebサイトの主張に基づいています。

軽量のカーボンリムに加えて、新しいホイールには新しい12mmスルーアクスルセンターロックハブ(工具不要のQRと15mmのフロントエンドキャップもあります)が搭載され、より高速なPRS(パワーラチェットシステム)が備えられます。この最新のハブは5°ごとにクラッチがかみ合うようになっており、72のエンゲージポイントがあります。

ShimanoHGまたはSRAMXD-Rフリーハブボディのオプションがあります。

ホイールはすべてイタリア製のステンレスバテッドエアロスポークとセルフロックニップルで手作りされており、フロントに21スポーク、リアに24スポークの2:1方式をとっています。

気になるお値段とラインナップ

4セットの新しいディスクブレーキ専用ホイールが予約注文可能になりました。VisionMetron45SLディスクチューブレスクリンチャーとVisionMetron 45 SLディスクチューブラー(各ホイールセット2006ユーロ)、またはVision Metron 60SLディスクチューブレスクリンチャーとVisionMetron 60 SL各ホイールセット2058€のディスクチューブラー。 どちらの深さまたはタイヤインターフェースを選択しても、これらの新しいMetron SLディスクホイールには、Visionの最初の購入者に対する新しい生涯保証も付いています。

EFエデュケーションファースト-NIPPOとバーレーン・ヴィクトリアスは現在、新型のVisionメトロン45SLおよび60SLホイールで2021ツールドフランスを走っており、ステージでの山岳比重に基づいてリムハイトを選択しています。どちらのチームでも軽量化の観点からチューブラーを使用しているようです。

まとめ:バイクと同じくエアロ&軽量のオールラウンドホイールが市場を席巻する

ここまでの技術革新の中で、エアロホイールに関してもバイクと同じくエアロなだけでなく軽量なものが増えてきました。もうエアロホイールとか軽量ホイールとかの時代は一部のバケモノ級のものを除いておしまいでしょう。

BONTRAGERのニューホイール「AeolusRSL51」の海外インプレ(翻訳記事)

カンパニョーロの新型ホイールBORA ULTRA WTOの海外インプレ(翻訳記事)5/13追記

これからも市場を席巻するのはオールラウンドホイールになりそうです。

小生もそろそろサーヴェロのホイールを暫定のPrime君から変えたいですなぁ……

Prime black edition50(ディスクブレーキ仕様)のインプレ~鬼コスパカーボンホイールの決定版~

最新情報をチェックしよう!