MAVIC AKSIUM(マビック アクシウム)のインプレ

MAVIC AKSIUM(マビック アクシウム)のインプレ

どうも、せんちゃんです。

このところ自転車関係のネタが少なくなってきておりまして、最早ブログ自体に存続に関わるレベルです、このままじゃ書評とマイナーロボットアニメのブログと化します。マジで。

というわけで今日は小生が使っている鉄下駄? マビック、アクシウムのインプレを少々。

マビック・アクシウム

価格

小生は自転車店にて中古で入手したため、ほぼ新品をペアで15000円で入手したが、もとは35000円です。

正直に言ってしまうとやや高い。

11速化したいだけだったから小生も15000円で手を打ったが、初心者が完成車付属の手組から変更する、という時にはまず候補には入れない価格だと思われる。

もう少し出せばカンパのZONDA、フルクラムならレーシング3、MAVICでも流行りのUST仕様のキシリウムくらい余裕で買えてしまう。完成車についていたらラッキー! 程度のものだろう。

剛性

確実に完成車付属の手組ホイールよりいい、ストレートプルスポークとフリー側ラジアル組が効いているのかは知らないが、剛性感としては確実に上がった。

たわみが少なった感覚と言えばよいだろうか、重量は決して軽くないものの、漕ぎ出しの加速感は僅かなれども改善した。ダウンヒル時も安定感が向上、マビック純正のクイックリリースの固定感がいいのか、恐怖心が多少減った。

なんだかんだ言って「エントリーでもマビック」なんだなぁ……というのがしっかり感じ取れる作りだ。

見た目

エントリグレードとは言え、マビックならではの黒、黄色、白、の三色でのカラーリングとハッタリの効くフォントの組み合わせは相応のカッコよさがある。最初はチェレステカラーの車体と合わないのではないかと危惧していたが、なんのことはない、色合いに関しても問題なくはまってくれた。このカラーリングならよほど奇抜なカラーリングでもない限りはどんなロードバイクにも合うだろう。

暗くて分かりにくいけど、ハッタリは効いている

重量

実測していないため、詳しい数値は小生自身よくわかっていないが、公称値は1840gと軽くはない、完成車付属の鉄下駄に比べてやや軽くなる程度に留まる、競合他社の同グレードのホイールと比べてもどんぐりの背比べといった感じで特筆すべきところはない。

ザ・普通のエントリーグレードホイールだ。

ハブの回転、ラチェット音

よく、MAVICのホイールはハブの回転が渋い、と言われることがある。確かにそうだ、しかしこれはあくまでも空走時の話に過ぎないと小生は思う。確かにメンテナンスの際にクランクを一回転させ、空走を見守っていると、謎の手組ホイールよりも回転が悪いように思われる、しかしこれはあくまでも空走での問題、実走においては何ら回転の悪さが目立つ部分はない。

ラチェット音は普通、チキチキチキ……って感じの音がします。ママチャリよりは音が大きく、たまに歩道を走らざるを得ないときは若干緊張します。煽りロードバイクとか嫌すぎるでしょ(笑)

まとめ

マビック、アクシウムの結論としては「完成車についてたら嬉しい」ないしは「11速化するときに安くても確かな性能のものがほしい」「マビック厨なので練習用もマビックがいい」という方々におススメ出来るホイールだと思う。少なくとも完成車付属の謎手組ホイールより全然いい。見た目もいいし、ストレートプルスポーク仕様だし。

MAVICのちょっといいホイールもWiggleで安い!