Cannondaleの新型Super six EVOらしきものが登場、2020年モデルか!?

Cannondaleの新型Super six EVOらしきものが登場、2020年モデルか!?

どうも、せんちゃんです。

2020年モデルのロードバイクがちょっとずつ発表されつつありまして、嗚呼、エアロ化、ディスク化が進んでいく……(遠い目)とトラディショナル且つリムブレーキのロードに乗る小生は思っております。

さて、そんな中、トラディショナルホリゾンタル&リムブレーキ&軽量で人気を博していたキャノンデールのスーパーシックスエヴォが遂にモデルチェンジの模様……

↓こちらの記事から

http://www.cyclingnews.com/news/new-cannondale-supersix-evo-spotted-at-criterium-du-dauphine/

はいコレ

クリテリウム・デュ・ドーフィネにて

やだ……なにこのスペシャ感……

エアロでカッコいい!!

あれだけエアロ化を拒否しておきながら、新モデル登場と同時に最速の称号を獲得したSystem Six のエッセンスを取り入れているのがビンビン伝わってきます。

ドーフィネにおいてはEFエデュケーションファーストのマイケル・ウッズやティージェイ・ヴァンガーデレンらが乗っていたとのこと。プロトンの中にいるともう分からん。

モデルごとの云々

これ、見れば分かるのですが、リムブレーキとディスクブレーキ、両方あります。アメリカンブランド各社(スペシャとか、トレックとか)が「来年からハイエンドモデルはディスクだけにするよ」と発表している中でこの配慮には感動、重量面からリムブレーキを好むヒルクライマーも安心して新しいエヴォを買えます。プロもディスクで山登りは少し可愛そうですからね、その点今年のジロ山岳賞のジュリオ・チッコーネは偉かった。

リムブレーキモデルはダイレクトマウントを採用、ディスクほどではないにしても制動力を強化してきてます。ホイール変えたときに位置決めでごまごましなくていいのも好印象。

ディスクモデルはいつも通りでブレーキホースのルーティングは恐らく完全内装、便利ね。

各部のディテール、変更点

深いヘッドチューブが特徴的

これはハンドル回り(リムモデル)シフトケーブルは内装、ブレーキケーブルのみ露出で結構綺麗。現行モデルに比べて、ヘッドチューブが深くなり、エアロに寄与するとともにプロの求めるポジショニングに近づいたことが窺える。キャノンデールのトップキャップは元から長くてわざわざ純正で薄めのを出すようなアレだったらしいのを考えるとこれは結構よさそう。

見慣れたデザイン

フォーククラウンとダウンチューブの流れるような造形も最近のエアロバイクの特徴。整流効果がバリバリありそうな造型です。

ジャンクションはアクセスしやすく

それから、電子コンポーネントのジャンクションはダウンチューブに内装、ピナレロのドグマのE-linkみたいなもんです。各社この辺に内装するのが流行? 重量増になる、という話もありますが……。

ボトルケージボルトは三つ

ボトルケージは3つ!これも規定路線、出来るだけボトルケージは下にある方が空気力学的にもグッド、小生もボトルケージアダプターの濫用で位置を下げまくってます。低重心化にもつながるため、高速域での安定性も確保することが出来そうです。

これもよく見るドロップシートステー

最近のエアロモデルで流行りのシートステイのオフセットもありますあります。リアのクリアランス確保、エアロ性能の更なる最適化、あとは下方に接続することによって「しなり」量を増加、この辺は拙著「自転車雑誌創刊号」に詳しいです。

BB付近の造型、マッシブさが伝わってきます。
D型シートポスト

あと、D型シートポストも採用、エアロにも効くし、しなり量も増える、最近のバイクは大体これです。BMCが最初に提唱したような……タイムとかも採用していたはずです。

ピロっ

ケーブルルーティング、なんか可愛い、ピロッって感じ。ダイレクトマウントではない? ディレイラーハンガーがしっかりあるので、ハンガーが折れてフレームごとお釈迦にはならなそう。

気になるカラー

チームカラー
見せたくないのか、グレー

例年通りなら多少バリエーションがありそうですが、チームカラー以外は伏せておきたいようで、サフを吹いたまんまみたいになってます。

ラファと手を組んでからおしゃれ路線なのでBOB(Black on Black)とかになりそう、キャノンデールといえばアシッドグリーン!!みたいな時代が懐かしくなりますね。リクイガスカラーのマシンとかすげーカッコいいんですが。

小生の雑感

全体的にシステムシックスと旧エヴォの合の子という印象、細身でありながら各所がエアロにチューニングされたモダンカーボンバイクですね。同時にコモディティ化の更なる進行も感じさせる一台です。同じくドーフィネで登場したスコットのニューアディクトも似たような形してますし、言うまでもなくBMCでターマックだし、これからは各社似たような形の中で、ライドフィールと空気抵抗○%削減で競いあう時代になりそうです。トラディショナルバイク、カムバック!!

ただ、各社がディスクに移行しつつあるなか、リムブレーキモデルもきちんと残したキャノンデールには、小生から300アグニカポイント委譲したいです。あくまでもこれはキャノンデールのスーパーシックスエヴォで軽量オールラウンダーであるという「アイデンティティー」を保持したままのモデルチェンジですから。これにはヒルクライマーもニッコリです。来年のヒルクライムレースでかなり見かけることになりそうですね。

欧米のサイクリングエンスジーアニスト達の雑感

キャノンデールがダイレクトマウントブレーキを採用したのは英断だと思う、通常のブレーキよりもダイレクトに効くし、ディスクブレーキはちょっと……という人も満足できるだろう。

俺、イタリアンバイクにしか乗らないんだ……コルナゴ

どのバイクブランドもエアロとクライミング性能を両立させたバイクを作っているね、だからこれからまだまだ僕らはリデザインされたバイクを見ることになるよ!!

俺、これはスペシャだって確信してるよ

↑に返信

俺もそうだと思う、これはターマックのクローンだ(大爆笑)そんでおかしなことにはキャノンデールがトラディショナルなホリゾンタルトップチューブじゃなくてスローピングにしたってこともある。十数年前、スローピングでコンパクトなバイクが流行ったとき、それに追随しなかったメーカーはほんのわずかだったのに!

こんなにチューブ形状を劇的に変えてしまうなんて、元のエヴォはそんなにまずかったかな?既にシステムシックスというエアロバイクがあるのに……

↑に返信

丸パイプ基調のスーパーシックスは今や全然エアロじゃないんだ。EFのチームメンバー達は50km/hで走行しているとき、他のエアロバイクに乗ったチームに比べて30wは無駄にしなきゃいけなくなるところだった。彼らはディスクブレーキのスーパーシックスを本当に作りあげなければならなかったんだ。スペシャやピナレロ、他のメーカーのようにね。

キャノンデールのステッカーを貼ったBMC

80年代と90年代にはキャノンデールはとってもイノベーティブだったが、もはやそうではない……

はい、散々な言われようですね。確かに似たようなバイクが多すぎます。そんな中でキャノンデールはトラディショナルなホリゾンタルフレームを貫いてきた。それがアイデンティティーであり、それをキャノンデールファンのみんなは嬉しく思っていたのに……裏切られたような気分なのでしょうね……。

Caad13はどうなる?

プロが乗ってんのが新スーパーシックスエヴォHi-modだと思うので、取り敢えずスーパーシックスエヴォは同じ形でカーボンのグレード違いと予想、そんでcaad13は一応形だけ踏襲して現在リークしたとかしてないとかなあれになるのではないでしょうか。現行のcaad12がいいなら今のうちです! 在庫一掃でどこもセールしてるんでしょうから!

まとめ、みんなで買おう!

何はともあれ、期待のバイクが登場です。全国のお財布に余裕のあるローディーの皆さんは一考、いかがでしょうか。

小生はホイールのことを考えるのに精一杯です。そんなフレームを買い替えるお金ありません。誰かメーカーさんとか、ファンの方とか、金が有り余ってる社長とかいて「ヘタレ大学生に闇の力を与えてみた」ってな具合で僕に新しいスーパーシックスエヴォ、勿論ディスクでプレゼントしてくれるの待ってます!!めっちゃ宣伝しますよ!ロゴの入ったジャージ着て四六時中走り回ります! 大学もそれで行きます!

エヴォのインプレ

http://overwhelming-growth.com/cannondale-supersix-evo-hi-mod-%e3%81%ae%e8%a9%a6%e4%b9%97%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%97%e3%83%ac

エヴォを買って強くなれなくても、プロテインなら安上がりで強くなれます。