スコット(SCOTT)の新型アディクト(ADDICT)が登場、2020年モデルでの発表は?

スコット(SCOTT)の新型アディクト(ADDICT)が登場、2020年モデルでの発表は?

どうも、せんちゃんです。このところロードバイクに対して熱いモチベが沸いていて筋トレその他で晴れた日に備えておりますが、自分が乗る、ってのもそうだけど、ロードバイクという機材を「知る」ってのもすきなんだな、と自覚しております。乗鞍上位入賞者のセッティング、ツールドおきなわ覇者のバイク……そして最新機材……買える訳じゃないのは知ってます。でも、見るのは好き。

というわけで本題、先日キャノンデールの新型スーパーシックスエボの記事を書きましたが、その後またサイトを見ていたらスコットもアディクトをモデルチェンジしていました。

https://overwhelming-growth.com/cannondaleの新super-six-evoらしきものが登場、2020年モデルか%EF%BC%81%EF%BC%9F

そもそもスコットのアディクトって?

一応スイスブランドであるスコットのオールラウンド、軽量バイクです。スコットといえば、新世代エアロロードとしてカムテール形状をいち早く採用した「フォイル」が有名ですが、そのテクノロジーも受け継いで作られたのがこのバイクです。ワールドツアーチームではミッチェルトン・スコットに供給され、昨年のブエルタでのサイモン・イェーツの総合優勝に貢献しました。日本でも強豪ヒルクライマーである兼松大和さんのメインバイクとしてその性能を遺憾なく発揮(現在兼松さんのメインバイクはFOCUSのイザルコマックスdiscの模様)ホビーレーサーからプロまで、幅広い層に愛されたバイクです。

軽量バイクの名機と呼べる一台。

新型について

新型はこの間のスーパーシックスエボと同様ドーフィネで登場、騒ぎにならなかった理由としてはUCIの認証フレームリストにその名前が挙がらなかったことがあります。ドーフィネにてジャック・ヘイグとダリル・インピ―の二人が乗っていたことでこのバイクの存在が明らかになりました。

新型ADDICT RC DISC、奥にあるのは従来のモデル

ぱっと見て新しいフレームはフォイルの新型だ!と断定するのは諦めなければなりませんが、これがより登坂性能に焦点を置きつつも空力性能を向上させたアディクトである、ということは疑いようがありません。何より、トレンドに沿っているから……BMCもそうだし、スペシャライズドのターマックもそうだし、直近だと丁度この間紹介した新型スーパーシックスエボみたいな感じです。

新型の特徴

いつものドロップドシートステー

まず、ドロップドシートステーが最もはっきり分かる変更点でしょう(この流れ何回目だ?)そんで、ほとんどのチューブが深く翼断面を切り取ったカムテールデザインになっています。軽量バイクといえども、競合他社に追随してエアロダイナミクスをさらに向上させた感じでしょう。

いつものD型シートポスト

シートポストが丸~D型も規定路線です。従来の丸型&細身(27.2mm)からエアロダイナミクスに優れつつ、しなり量を増やして生硬な乗り味になりがちなエアロロードの弱点を解消するコレ、どこもやり過ぎて目新しさはゼロ。シートポストクランプは正面に。

シートチューブ集合部

ホイールに被るほどの切り欠きはないものの、やはりフォイルに寄せて来ているのが分かります。

Y字のハンドル
勿論スペーサーは専用

新しいシンクロスエアロハンドルはすごい目立つカラーリング(流行りの『マジョーラカラー』ですな)のステム一体型ハンドルがついています。ハンドルの形状はDedaの名作『アラネラ』に似ています。そんでサイコンマウントで有名なK-edgeとシンクロスのダブルネーム、というかコラボレーションでの専用サイコンマウント付き、コラムスペーサーが専用なのは言うまでもない……。

やっぱりディスクが目立つ
色はねェ……シゥバァなんだぁ……(田原俊彦)

バイク全体についていうと、やっぱりディスクブレーキが目立ちます。コンポメーカー各社の意向(果てしなく資本主義的)でディスク仕様が拡充されてますし、プロトンの中でも存在感を日々増してきている。こないだまたディスクブレーキで怪我した! てなのはありましたが……。

オイルライン、変速系の内装、ケーブルの露出がないのもいつも通りのエアロロードですし、ただイェーツが新型に乗らない、というのがやはりディスクモデル故の「重量」から来てるのかは気になりますね。クライマーはディスクモデルに乗るイメージが薄いです。その点ジュリオ・チッコーネは偉い!(2回目)

カラーリングに関してはいつものスコットカラーです。黒に傾向グリーン、それからダリル・インピ―が乗ってたシルバー、どれも既存のラインナップには上がってます。堕胎例年通りのカラーリングではないかと、個人的にスコットのバチバチの蛍光色は好きなので今回も楽しみです。

欧米のサイクリストたちの感想

いいね! 僕は昔フォイルに乗ってて、乗り心地がすごく好きだった!

面白くない、ディスクの周りで踊っている奴ら(ディスってます)だけが乗るんだろう。

(サイクリングニュースのライターに対して)彼らは重要なことを忘れている。これケーブルフル内装じゃないか! 僕の考えだと、これによってこのアディクトのプロトタイプは現行のフォイルよりもエアロダイナミクスに優れているものになると思うんだけど……

↑に対して ケーブルの内装がないのは旧型だよ、僕が思うにフォイルは少し古いつくりだから、そろそろモデルチェンジが必要だよ。

↑に対して それは確かに旧型だ、だけど新しいフォイルのリムブレーキ版もケーブルが外に出ているよ

なんだか新型アディクトというより、フォイルが話題になっているようです。

まとめ、みんなで買おう!

エアロロードもここまでコモディティ化が進行すると、あーはいはいいつものBMCね、ってなりますね。流石に金太郎飴感が出てきました。その辺やっぱり王者ピナレロはデザインから設計にシフトする、というのは潔く、かつ誇り高いと言わざるを得ません。フルームはおろかトーマスも落車でツールが心配になりますが……。あと、毎回奇抜な見た目でくるサーヴェロと意地でもカムテールを使ったと言わないビアンキ辺りも偉いか……。
何はともあれ、新型です。
最早どこのBMCがいいか、どこのターマックがいいか、という時代ですが、それぞれきっといいところがあるんでしょう、ハイエンドバイクを買える金なんてないのでよくわかりませんが!
ただやっぱり理詰めで作ると形はね……(しつこい)

でもよくよく考えてみると、スコットはエアロ&軽量が得意(フォイルはディスク仕様×56サイズでフレーム重量は985g)なので、重量には期待できそうです。先行する各社のバイクの出来がいい分、後発のものの方がよりソフィスティケートされた「いいもの」が作れるってのはいつの時代もそうなので……。

スコットのファンはマストバイです。フォイルを待つのもアリだけど……。

それからメーカー、ファン、スポンサーなどなどおりましたら、是非新型アディクト、なにはなくとも新型アディクト、小生のところまで何卒ご連絡お願いします。

アディクトは買えなくても、プロテインならすぐ手に入ります(筋肉厨)