3Tから新型グラベルバイク「Exprolo Race Max」が2021年モデルで登場!(動画もあるでよ)

どうも、せんちゃんです。この時期なのでまた新機材が出てきました。

最近紹介したのはスペシャのディヴァージュにキャノンデールのトップストーン、今回もまたグラベルバイクです。

元ネタ↓

https://www.bikeradar.com/news/3t-exploro-racemax/?image=2&type=gallery&gallery=1

エアログラベルというカテゴリー

新型の概要

RaceMaxは、これまでのExploroの中で最大のクリアランスがあり、3Tはそれが最もエアロであると主張していますが、このバイクがすべての質問に対する答えになる真のオールラウンダー足りうるでしょうか? 軽量でエアロなExploroは、3Tのラインナップの主力(1xエアロロードマシンStradaと並んで)ですが、さらに進歩したバージョンの3T Exploro RaceMaxが登場しました。

新型の特徴

RaceMaxは旧型よりもさらにバーサタイルなライドスタイルにフィットするように設計された新しいフレームが特徴です。

実際、新しいRaceMaxは– 3Tによると–舗装路またはトレイルの両方でエアロで、スキニータイヤの700cロードを好むライダーと650bが好きなグラベルライダーの両方にアピールするように設計されています。 3Tは、既存のモデルにしてExploro RaceMaxが正確にどのくらいエアロなのかは述べていません。

興味深いことに、Exploro RaceMaxの最大タイヤクリアランスも記載されていません(理由は後で説明します)が、フレームには十分なスペースがあると言っても差し支えないでしょう。 700cホイールのバイクには35mmタイヤが付属し、650b版には57mmタイヤが搭載されています

気になるお値段とラインナップ

発売から、新しいExploroは、3,200ドル≒344500円のフレームセットおよび完成車として入手可能になります。それぞれホイールサイズとタイヤの選択が出来ます。

完成車はShimano GRXを搭載したものが4,199ドル≒452000円から始まり、SRAMのForce AXSグループセットを搭載したフラッグシップバイクが7,799ドル≒839700円になります。

ホイールも同時発売

一方、3Tはまた、Exploro RaceMaxと並んで2つの新しいカーボンホイールセットを発売しました。700cのDiscus 45/40 LTDと650b のDiscus Plus i28 LTDはどちらもエエ感じの幅のリムを備えています。

開発の経緯

3Tの設計の第一人者、ジェラルド・ブルーメンは、確立されたルールに従う人ではありませんでした。彼が最初に自転車界に進出したのは、サーヴェロの創設者として現在主流のエアロロードを作り始めた頃で、ほとんどのライバルがまだ丸いチューブに集中していた頃でした。最近では、Open(ブランド)を使用してオフロードバイクの軽量化の限界を試しています。

彼と3Tのパートナーシップにより、議論の余地のない1xエアロロードバイク(論争は巻き起こりましたし、供給を受けたアクアブルースポートはなかなか勝てませんでしたが)Strada、そして旧型のExploroが誕生しました。

Stradaがロード用の1xドライブトレインの可能性を探究したことと、Exploroが同じく重要なグラベルバイクとして位置付けて空力性能を獲得したことのように、新しいRaceMaxは汎用性に対するタイヤサイズの重要性に注目しています(そしてエアロ性能も同時に強化されました)。

ブルーメン、新作について語る

実際、3Tは新しいRaceMaxがすべての(グラベル)ライダーにとってのオールラウンダーになることを目的としていると主張しているので、3Tがそれを達成した言えるのかどうかについて、ブルーメンに話を聞きました。

「人々は元のExploroは少しおかしいと思っていました」とブルーメンはBikeRadarに話しました。 「エアログラベルバイク?しかし、砂利道を50 mphの向かい風でゆっくりと走っている場合、エアロダイナミクスはタイムトライアルを行うプロと同じくらい重要です。 50mphの風の中でのライドは、空気抵抗の削減が、あなたのスピードが比較的遅い場合でさえ、速く進むことと同等であることを意味します。」

設計思想と対象となるライダーのカテゴリー

3Tは、Exploroをレース中心のバイクとして位置づけながら、RaceMaxのジオメトリを開発する際に5,000人を超えるライダーのアクティビティのデータを使用したとブルーメンは言います。

レーサー

ブルーメンは、「レーサー」を、ちょっとした無茶なコースを走るのが好きで、スピードを犠牲にすることなく友達と一緒に走るときに路上でパフォーマンスできる自転車を必要とする種類のライダーと説明しています。

彼らは軽く、エアロポジションとロードバイクのすべてのダイナミクスを備えているバイクを求めており、おそらく1xまたは2xドライブトレインの700cホイールで28mmまたは30mmのタイヤを装着して走ることでしょう。

グラベルレーサー

「グラベルレーサー」は「レーサー」と非常によく似たライダーですが、メインはオフロードです。彼らは勝つために競争し、高速でエアロな乗り心地と軽くてタフで頑丈なバイクを望んでいます。このカテゴリーのライダーは1Xまたは2Xのユーザーで、通常は35cまたは40cの幅広のタイヤが付いた700cホイールを選びます。

マックスライダー

「マックスライダー」(またはマキシマイザー)は、自転車を停止させたり迂回させたりせずに、ほとんどすべての地形で乗ることを望んでいると述べています。つまり、1xギアリングと650bのワイドレンジホイールで、使用できる最大のタイヤを備えている必要があります。

ブルーメンによると、100マイルのイベントで2、3マイルの距離を20分以上歩いてしまうと、バイクのエアロ性能に関係なく、二度と戻ってこれないでしょう。真のオールラウンド化はエネルギーを節約するためであって、時間を削減するためのものではないのです。

このセットアップは、RaceMaxをちょっとした冒険、バイクパッキング、オフロードアドベンチャーに開放します。

真のオールラウンドバイクはタイヤが肝!

ブルーメンは、RaceMaxはこれらの各ライダーが同じように楽しめる自転車であり、タイヤサイズの選択が自転車の開発の中心にあると言っています。

「すべてはタイヤから始まりますが、非常に多くの変数があります」と彼は私たちに話しました。 「それで、私たちがバイクを開発していたとき、私たちは2つの新しい手段を思いつきました:RAMとWAMです。」

RAMは「測定された半径」です」とVroomenは説明します。 「私たちは主要なタイヤをできるだけ多く取り、19mm、23mm、25mm、29mmのさまざまな幅のリムに取り付けました。タイヤの幅が変わるだけでなく、タイヤ全体の半径が変わることもあり、場合によっては重要なこともあります。」

こういうことね

一方、WAMは「測定された幅」を意味します。リム幅がタイヤの取り付け後の実際の幅に大きな影響を与えることは、多くのライダーにとって衆知の事実です。

「38mmシュワルベタイヤのようなものが19mmリムに取り付けた場合でも40mmを超えるため、タイヤのサイズを測定する必要があり、ラベルから読み取るだけでは十分ではありません。」とブルーメンは付け加えます。

3Tの分析がタイヤサイズに関して3つの主要な影響を特定したと言います。

実際のサイズに関しては、リム幅、タイヤ空気圧、およびタイヤメーカーの主張する幅/そしてその正確さが欠かせないのです。

フレームの特徴

フレームの詳細を詳しく見てみましょう。

重量に関しては、3Tはまだ最終重量を示す準備ができていませんが、最終生産サンプルは、フレームの重量を1,100g未満にしています(ただし諸々込みの数字かは不明)

フレームの最初の生産が完了したところで、3Tはフレームとフォークの重量を確認し、測定するサンプルサイズを広げたいらしい。

案外軽いのですな。

3TはRAMおよびWAMデータが示唆する理由により、タイヤのラベル付けに基づいてタイヤのクリアランスを示すことはしません。サバ読み&リム内幅のせいですな。

ただし、3Tの現在のC45 Ltdホイール(内幅25mm)とピレリのCinturato 35mmタイヤ(最大35.5mm)を搭載したテストバイクでは、フロントとリアの両側に18.1mmのクリアランスがあり、タイヤの上部からフォーククラウンまで8.6㎜リアタイヤからシートステーの交点までは10.8mmとなっています。

クリアランスに必要なISOの最低基準は4mmです。つまり、幅が67mmになる700cタイヤを効果的に取り付けることができます。ただし、幅が2.64インチでありながら十分に浅いタイヤが存在するとは考えていません。

3Tは、推奨されるタイヤオプションと実際の寸法を記載したRAMとWAMの参照表を間もなくWebサイトに公開し、タイヤのフィッティングを自分で確認できるようにします。

ヘッドチューブはエアロに形作られ、1-1 / 4のフォークコラムを示唆する狭いプロファイルを持っています。ただし、実際には、フロントエンドの強度と剛性の改善を主張するために、自転車は1-1 / 2インチのコラムを中心に構築されています。

ヘッドセットで使用されているベアリングも標準よりも小さいボールベアリングを使用しており、標準的な24ではなく、カートリッジごとに50を超えるパッキングを使用しています。

ダウンチューブもエアロダイナミクスを考慮して設計されています。 チューブの上部3分の1は幅46mmで、40mm(実際のサイズ)のタイヤからの空気の流れを最適化するようになっています。

これにより、ボトル部分での幅は75mmに膨らみ、ボトルケージとボトルを完全に覆い隠します(ブルーメンは、少なくとも1つのウォーターボトルを持たずにグラベルに行く人はいないと言っています)。

ダウンチューブの深さは、ボトムブラケットのドロップと同様にサイズによっても異なり、ラインナップ全体で一貫したライド感とペダルクリアランスを提供します。

独自のカーボンシートポストはエアロプロファイルを備えており、Ritcheyの新しい簡単に調整可能なサドルクランプを使用しています。

一方、フォークはExploroのまったく新しいデザインですが、クラウンから車軸までの距離(370mm)がロードバイクと同じで、舗装路仕様の3T Stradaフォークを踏襲しています。

フォークプロファイルは、前輪および発生する力と連携して最適に機能するように形状を変更する可変プロファイルで空力的に最適化されています。 フォークには、サイズごとに54mmと62mmの2つのオフセットがあります(フレームが小さいほど短くなります)。

3TはRAM / WAMデータを使用して、フォークの軌跡(フロントタイヤの接地面とステアリング軸が地面と交わる点との間の水平距離)に対するタイヤサイズの影響を計算することもできます。

たとえば、Panaracer Gravel King 35cタイヤを搭載した700cホイールは、直径が702.mmで57.3mmのトレイルを作成します。一方、より大きなPanaracer Gravel King SK 43cタイヤは、タイヤ径が714.2.mmで59.3mmのトレイルを作成します。 。

後部のシートステーカットアウトは、RAMが347mm〜353mmのタイヤで使用したときに、クリアランスと空気力学のために最適化されています。

最後に、フレームは、XXS、51cm、54cm、56cm、58cm、61cmの6つのサイズです。 (3Tは最小フレームをXXSとして設定しています)

エアログラベルハンドル

3Tは、RaceMaxを補完するさまざまな新しいコンポーネントも発表しました。

まず、エアロなグラベルバーであるAeroghiaia LTDです。 このフラットトップのカーボンバーは、通常グラベルバーに関連するハンドルバーのフレアに興味深い影響を与えています。

3Tバーはドロップ部分では適切な垂直形状を持っているため、ブレーキ/シフターは意図された通りの平面にあり、フレアはブラケットフードの下からのみ開始します。

トップでは、ロードバイクのように感じられるように設計されており、ドロップでは、グラベルにピッタリのフレア幅というわけですな。

そしてホイールも!

次に、2つの新しいホイールセット、新しいDiscus 45および40 LTD、およびDiscus Plus i28 LTD。

Discus 45および40 LTDは700cホイールセットで、内部幅は29mm(外部幅は40mm)。リムは前部と後部でそれぞれ40mmと45mmのハイトです。

重量は、Carbon-Tiハブの場合、1,665gです。 €2,400 / $ 2,400で買えます。

ハブのオプションは、Carbon-Ti、Chris King(2,700ユーロ/ 2,700ドル)、およびIndustry Nine(2,400ユーロ/ 2,400ドル)があります。

最後に、Discus Plus i28 LTDは、外幅34mm /内幅28mmの650bホイールセットです。

重量は1,500g、価格は$ 1,999 /€1,999です。カスタムカラーハブバージョンは、Chris King(2,700ユーロ)、Industry Nine(2,400ユーロ)、Carbon-Ti(2,400ユーロ)

ブルーメンは、ボトルケージ、ツールバッグ、ポンプ、フェンダーなど、より多くのExploroに特化したコンポーネントとアクセサリーが発売されるので、楽しみにしておいて欲しいと言っています。

カテゴリーを超越する「真のオールラウンドバイク」の誕生か?

いやー驚きました。結構色々とやらかした感のあった3Tですが、その失敗を踏まえてか踏まえずか分かりませんが、とんでもないものを市場に投入してきました。

もうここまでユーティリティが高いと、もう既存の「ロードバイク」「グラベルバイク」「エアロロード」とかいうカテゴリーはいらんくなるのではないでしょうか。

見た目もチェーンステーがやたら下がってるだけで普通のエアロロードですし、重量も申し分なし、ホイールを変えるだけで様々な遊びに対応できる、っていうのは滅茶苦茶強いです。

参照:安いグラベルロードのまとめ

https://overwhelming-growth.com/post-2500