TREKから新型マドン2021年モデルが登場!450g軽量に!

どうも、せんちゃんです。

世間ではバーチャルツールドフランスが「マリオカート」みたいだ、なんて盛り上がっていますが、小生はガチガチのリアルレース派です(カッコカワイイ宣言)

というわけで、またまた上がってきた2021年モデルの情報です。

先日エモンダの新作を上げたばかりのトレックさん、今度はマドンもモデルチェンジ、しかも450g軽量化したんですってよ奥さん!

元ネタhttps://www.cyclingnews.com/news/new-trek-madone-2021/

すっげえ軽くなってる……はっきり分かんだね

トレックマドンSLR2021モデルの概要

  • 最新のOCLV800カーボン(新型エモンダと同等)を使用
  • ボトムブラケットはT47に!
  • 色々やった結果(ここがクサい)450gの軽量化に成功!
  • プロジェクトワンのカラーリングも拡充!
  • 新型だけど形は変わんないよ!

と、まあこんな感じです。

新型のエモンダが出た時に、新しいカーボンでマドン作ればいいじゃん(マドン作ればいいじゃん)って言われてましたけど、市井の人が考えることなんてメーカーが見のがすわけありません。

OCLV800カーボンでマドン作りました。そういうわけです。

OCLV800カーボンはOCLV700カーボンに比べて30%強い素材で出来ています。そのため、先代のマドンSLRと同じ金型ながらも、フレーム単体で80gの減量に成功しました。ちなみにエモンダの時は60gらしいです。

450gの軽量化の秘密

え? マドン450g軽量化したらそれもうVENGEに勝つやん、って皆さん思われましたね。

ここでちょっとしたトリックがございます。

TDN消費者「OCLV800カーボンにしたら450軽量化してくれるんですか?」

TREK「おう、考えてやるよ(フレームセットで450g軽量化とは言ってない)」

ということです。

この450gという数字、VENGEの時も450g軽量化!(フレーム、フォーク、シートポスト、ハンドル、ステム含み)だったのとおんなじです。

マドンの場合はアイオロスRSL37ホイール、アイオロスRSLステム/ハンドル込みで450gの軽量化を果たした。というわけです。

ちょっとガッカリ? でも完成車で450g軽くなると7㎏ジャストぐらいにはなりませんかね? デュラ完成車の56サイズで公称重量7.6㎏なことを勘案するとそんな感じじゃないですか(えなりかずき)というわけです。

気になるお値段

トップレンジのマドンSLR9DISC(デュラエースDi2仕様)は£11350≒153173円

       マドンSLR9DISCETAP(SRAMREDAXS仕様)は£11950≒1611360円

セカンドレンジ

マドンSLR7DISC(アルテグラDi2仕様)は£7500≒101107円

マドンSLR7DISCETAP(SRAMFORCE仕様)は£8200≒1105740円

こんな感じです。笑えない金額ですね! 誰かコレください。

まとめ:トータルインテグレーテッドの先へ

このところ、ロードバイク業界ではホイール・ハンドル・ステムまで含めた自社設計が流行っています。自前で何でもやる分、あがりも大きいのかもしれませんが、そういったマーケティング的な観点を抜きにしても、トータルでの設計によって性能・重量を分かりやすくする、ってのはアリですね。

新型マドンの総評ですが「オールラウンドエアロバイク」ってとこで、どう?

VENGEに肉薄した感がありますね。