TAG

SF

「オクトローグ──酉島伝法作品集成──」奇才の描く独創性しかないSF

しばらくぶりに読書のお話です。 今回読んだのは酉島伝法「オクトローグ~酉島伝法作品集成~」です。 オクトローグ 酉島伝法作品集成 [ 酉島 伝法 ] posted with カエレバ   楽天市場 Amazon Yahooショッピング   独創性を発揮するのが難しい現代において独創性しかない稀有な作家 酉島伝法さんの作品はとにかく独創性がすさまじいので、SFオタクならみんな読め […]

「無限のリヴァイアス」──「コードギアス」「スクライド」の谷口悟朗が人間の本性を抉り出した傑作──の感想と評価

どうも、せんちゃんです。 今回、ようやく「これは! 」と思えるアニメに出会いました。 1999年放送の「無限のリヴァイアス」です。 「無限のリヴァイアス」作品概要 無限のリヴァイアス DVD−BOX posted with カエレバ   楽天市場 Amazon Yahooショッピング   1999年に放送されたSFアニメで「スクライド」「コードギアス」で有名な谷口悟朗さんの初監 […]

DETONATORオーガン~実は豪華スタッフなマイナーロボット(?)アニメの感想と評価~

社会人になるまでの間に観れるアニメは今見ておこう、ということで連日頑張っております。 今回観たのはOVA作品「DETONATORオーガン」です。 配信とかがないんで結構視聴は大変かもしれません、小生も結構頑張りました。 あらすじ ハイテク都市「CITY-5」に住む青年、真道トモルは大学卒業までのモラトリアムの最中、何がしたいのか分からず、PASFU(夢に干渉するVRゲームのようなもの)に熱中してい […]

──英雄の誕生とは、兵站の失敗に過ぎない──林譲治「星系出雲の兵站1」の感想

どうも、せんちゃんです。 卒論はやる気ないのに、この頃本ばかり読んでいます。 その中から今回は一冊、特に面白かったヤツをご紹介します。 林譲治「星系出雲の兵站」です。 星系出雲の兵站 1 (ハヤカワ文庫JA) 新品価格¥752から(2020/8/13 12:02時点) 「SFマガジン」で書評を見て以来「読もう読もう」と思っていて、いつも借りられてしまっていたのをようやく見つけて読めました。 リアル […]

まさか引き込まれてる? 一粒で二度美味しいNTRロボットアニメ『銀装騎攻オーディアン』

どうも、せんちゃんです。今年の就活は渋すぎです。 これマジで自殺者めっちゃ出るんじゃないかって感じです。実際小生ももう死んだ方が良いんじゃないかって思ってます。内定率が70%ってことはのこり3割のダメ人間に入ってるってことですからね。早いとこ何らかの方法で内定が出るか死ぬかした方が良さそうです。 さて、そんなことは置いといて(置いといちゃダメです) 今日もまたマイナーロボットアニメを一つ、今回は「 […]

ブラコンちゃお系ハードSF「奏光のストレイン」の感想と評価

どうも、せんちゃんです。 書かなきゃいけない就活関係のアレコレは筆が進まないけど、ブログだけはサクサク書けちゃう、いっそライターで飯が食えたらいいのに! というわけで今回もマイナーロボットアニメの紹介です。今回はドマイナーな作品「奏光のストレイン」を少々…… タイトルが意味わかんない? すぐに分かります。 「奏光のストレイン」とは 2006年の作品です。wowowで放送されました。 今ほどサブスク […]

小生とマイナーロボットアニメ番外編──新海誠なら「君の名は。」より『ほしのこえ』を観ろ!!──

どうも、せんちゃんです。 今日は新海誠監督の最新作「天気の子」公開記念とやらで「君の名は。」を放映しておりまして、良かったな、テレビ朝日、高い金払って放映権買っといて、新作があっても無くてもそこそこの視聴率が見込めますでアニキ、ゲヘヘ。 「君の名は。」から新海誠作品を観たわけではないが、古参というわけでもない小生のこの映画に関する賛否はどっかでネタにしたいと思っておりますが、まぁいい。 ここで問い […]

旧作レ〇プ! 黒歴史と化した先輩──MacrossⅡLovers Againの魅力──

どうも、せんちゃんです。 今回はロードバイクから少し離れまして、以前から暖めてきた企画 『小生とマイナーロボットアニメ』シリーズを一つ。 突然ですが「ロボットアニメ」と聞いて何を思い浮かべますか? 恐らくガンダム、エヴァンゲリオン(原理主義者曰く『厳密に言うとあれはロボットアニメではない』)とか、最近映画公開で人気再燃のコードギアス、はたまたエウレカセブンか…… 恐らく「マクロス」も一般的なロボッ […]

レイ・ブラッドベリ『華氏451度』──それは、紙が自然発火する温度──

こんばんは、今日は学科で両国くんだりまで出かけていって「発掘された日本列島」とやらを見てきました。 時間をかけて行ったわりに展示はショボいし、その他の時間で適当に見ておくように言われていた江戸東京博物館自体も 「小中学生の時分なら楽しめた(小生談)」 「デートとかで興味のない場所に連れてこられた女の子の気分(友人談)」 「えっ? 入館料いるの? 財布持ってきてないんだけど(友人談)」 「入り口の小 […]

クリス・マルケル監督作「ラ・ジュテ」とセカイ系想像力?

どうも、圧倒的成長丸です。今日は五限のみなので、またシコシコアップしてました。今回は小生の大学でのお勉強の話です。 僕の専攻は考古学ですが、それ以外の分野の講義も結構とってます。論理学(に絡めた批評)、心理学、ポップカルチャー論、哲学、宗教学、まぁおおよそ文学部で出来る人文学的なあれはほとんどとってます、「文系学部はいらない、特に文学部はしねしねおじさん」の最大の敵がこの小生です。うるせぇ! お〇 […]