ツール・ド・フランス2019第1・2ステージ感想~ユンボ・ヴィスマ快進撃~

NO IMAGE

どうも、せんちゃんです。

昨日は帰ってきてからお腹がゴロゴロしていて、お腹がゴロゴロしたまんま今年最初のマイヨ・ジョーヌは誰になるのか、スプリントステージを観ていました。

残り10kmくらいで例年以上に熾烈なポジション争い、イネオスまで前に出てくる始末、ユンボも場面によっては牽く、やっぱフルーネウェーヘンに勝たせたいってのが伝わってくるし、小生も勝って欲しい。

が……残り3km入ってきたところでフルーネウェーヘンがハスって落車、トレインが崩壊してて組み直す最中、かなりのスピードだったので心配でしたが、一応身体とバイクは無事そう、もう今日無理やん……ってなってうずくまってたのがなんとも悲しくなりました。

残り1kmでフラムルージュをきって、サガンのボーラ、ユアンのロット、マシューズのサンウェブ、それからヴィヴィアーニのクイックステップが前に、そしてここに何故かユンボも……フルーネウェーヘンなしでも勝負に出ることを決意したのか、熱い展開に心が震えます。エースが落車しても、勝負は諦めない。チームの勝利のために……ファンアールトかな?が残って最終発射台だったはずのZLMツアー覇者のマイク・テウニッセンをリードアウト

残り300mをきって前に出されてスプリント「せざるを得なかった」マシューズに食らいつくサガン、ヴィヴィアーニ、不気味に控えるユアン、そして大外にテウニッセン、カメラが左にパンしてサガンのスプリントが伸びる様子、やっぱサガン強いなぁ……とか思っててちょっとカメラが右にずれたら見慣れた黒に黄色のジャージ!

ユンボや……

まさか、大外からあんなに伸びてたとは思わずビックリ、互いに一歩も譲らずのスプリント、両者ほぼ同時にハンドルを投げる……

サガンか、テウニッセンか、発表あるまで分からず、結果は……

テウニッセン!!!

好調なのは知ってましたが、まさかサガンに勝つとは……フルーネウェーヘンが駄目だったけど、そこは想いを繋いでのスプリント、カッコよすぎて涙が出、出ますよ……

こうしてマイヨ・ジョーヌはテウニッセン、やっぱ今年のユンボは違うわぁ……

そして今日の第2ステージ、総合争いではどのチームも鬼門となってくるチームタイムトライアル(TTT)イネオスがいっちゃん強いのは分かってるので、他が健闘するかに注目、ユンボは11:15スタートだったのである程度観てからお風呂へ、そしてユンボスタート、第一中間計測地点でイネオスより11秒速い、これはいける!と思いました。トニー・マルティンもおるし、ファンアールトも自信ニキ、リードアウトの面子の活躍もあって速い、そうこうしてるうちにクイックステップがイネオスと1秒差でゴール、ベルナルがこれヤバイよ……😞💦みたいな顔をしてたのが可愛い、モスコンは大丈夫でしょ(震え声)みたいな感じで秒差が出てから破顔、ワンティ・グループゴベールは結構差をつけられてのゴール、最終走者のユンボ、第2中間計測もトップ、そしてそのままゴールへ、ここで小生のインターネット回線がヘアゥってなって萎えポヨ、復帰したところでゴールシーン、20秒の大差をつけてユンボが勝利!!

今年のユンボは違う、クライスヴァイクも勝てますよ今年は

(ユンボの活躍を)見とけよ見とけよ~

それじゃあおやすみなさい。