フルクラムが定番アルミホイールシリーズ「レーシングDB」をアップデート! チューブレス&ワイドリムに!

人気のホイールメーカー「フルクラム」の定番アルミホイール「レーシングDB」シリーズがアップデートされたのでご紹介します!

https://www.bikeradar.com/news/fulcrum-racing-db/

レーシング4、5、6DBがアップデート!

オンロードでのトレーニングからグラベルバイクでの使用に合わせてレーシングDBがアップデートされました。

ディスクブレーキ専用のホイールとなっており、多くの人が満足できる仕上がりだそう。

チューブレス対応に

フルクラムお得意の2-way fitからテクノロジーを受け継いでチューブレスコンパーチブルになってます。もちろんクリンチャーでの使用もOK

チューブレステープ、バルブ込みでお届けになります。

また、リム幅が広いため、Racing DB ホイールは最新のロード バイク ホイールになっています。 2018年のレーシングDBシリーズと比較して、よりワイドなタイヤにも適合します。

 新しいレーシング DB のハブは、アルミニウム製のボディとシールド カートリッジ ベアリングを備えています。 2018 年の DB レンジと比較すると、フリーハブ エンゲージメント システムは 30 tから 36 tに増えており、フルクラムはホイールに「より直接的な動力伝達とより優れた乗り心地」を提供すると述べています。

見た目に関して言えば、ホイールにはステッカーとレーザー エッチングが施され、「クリーンでミニマルなレーシング ルック」を実現しています。 ホイールは Shimano Hyperglide 11 スピード、XDR、または Campagnolo の N3W フリーハブ ボディのオプションありです。

レーシング4DB

Racing 4 DB ホイールセットは、新しい Racing シリーズの中で最も高価であり、公道でのトレーニングに向けられており、Fulcrum によると、「トレーニング セットアップのために Cofidis チームによって使用されている」とのことです。

ホイールのリムの深さは 34mm で、「空気力学、ライディングの精度、多様性のバランスが取れており」、Racing 4 DB ホイールは「下り坂で速度が上がった後、安定性を犠牲にすることなく登るのに理想的」とのことです。

以前のレーシング 4 DB と比較して、新しいバージョンのアルミニウム リム プロファイルは 2mm 広くなった 19mm であるため、25mm のタイヤを簡単に装着できます。 ホイールはチューブレス仕様で、重量は 1,710g です。

レーシング5DB

Racing 4 ホイールと比較して、Racing 5 ホイールは、耐久性と快適性を重視して調整されています。 リムの深さは 24mm と浅いため、エアロダイナミクスは劣りますが、悪天候でもより安定します。

リムハイトが浅いため、ホイールの剛性が低くなり、その結果、より快適になります。

Racing 5 DB ホイールの内部リム幅は 17mm から 20mm に増加し、その結果、ホイールは 25mm ~ 28mm のタイヤにフィットします。 ホイールには 2-Way Fit チューブレス テクノロジーが採用されており、重量は 1,660g で、新しいシリーズで最も軽量です。

レーシング6DB

Racing DB 6 ホイールセットは、新しいシリーズで最も安価であり、Fulcrum は、ホイールがトレーニングまたは「グラベルバイクでのロード ライド」に適しています。

Racing 5 ホイールと同様に、Racing 6 はリムハイトが 24mm に更新され、リムの内幅が 20mm になり、より幅の広いタイヤにより適しています。 ホイールは、同シリーズの他のホイールセットと同じくチューブレスに対応していますが、わずかに重い 1,780g です。

ロード・グラベルの新定番になるか!?

今までも完成車のアッセンブリで人気だったレーシングシリーズですが

今回のアップデートでロードでもグラベルでも気軽に最新スペックを楽しめるようになってます!

結構アルミエントリーホイールの新定番になりそうな気配がしますな。

フルクラムが安いと話題のPBK

最新情報をチェックしよう!