DOGMA F 2022年モデルの海外インプレ~東京オリンピック金メダルを獲得した究極のオールラウンドバイク~

かねてから記事にしてきたピナレロの新しいドグマですが、ついに本日発表と相成りましたので、続々と上がってきたインプレを紹介させていただきます。

ピナレロのDOGMA F14!? ジロ・デ・イタリアにて目撃された謎のバイク、2022年モデルでの発表は6/24⁉(6/22追記)

VeloNewsのインプレ

https://www.velonews.com/gear/road-gear/review-pinarello-dogma-f-disc/

インプレの概要

いいところ:サイズの選択肢が多い、快適だが、反応性も高いハンドリング

悪いところ:シンプルに高い

より軽く、より硬く、より速く。

我々は毎年発表される数多のスーパーバイクからそのような主張がなされるのを期待するようになりました。

ピナレロは、本日発売される最新のドグマFでまさにそれを実現します。

現在のDogmaF12ディスクと比較して、新しいDogma Fディスクは11%軽量で、ボトムブラケットは12%剛性が高く、空力特性が5%近く向上しています。

F12についての不満の1つは、乗り心地は素晴らしいものの、超軽量ではないということです。

たとえば、イネオスグレナディアーズは、重量と咄嗟の整備性のためにリムブレーキFにこだわっています。

ピナレロの新たなる教理──DOGMA F12の発表と令和のはじまり──

実測重量──実測でもしっかり軽量化を果たしています──

Photo: Ben Delaney

サイズ53cmの新しいDogmaF Discは、Shimano Dura-AceDi2と48mmのDT Swiss ARC1400ホイールで組んだ場合、UCIの制限である6.8kg(14.99lb)にぴったり収まります。

SRAM Red eTap AXSを使用すると、6.9kgになります。

ここでは56cmバイクをeTapAXSでテストし、ボトルケージとShimano Ultegraペダルを使用して完全に走れる装備での重量を測定した結果は16.45ポンド(7.46kg)でした。

UCIの規制は、実際に自転車を購入する私たちにとっては問題ではありませんが、ほとんどの場合、軽いほうが気分が良くなります。

Photo: Ben Delaney

コロラドの山々での200マイルの冒険を含め、乗った数日で、ピナレロドグマは、落ち着きがあり、快適で、速く、静かで、比較的軽い楽しい愛馬であることがわかりました。

そして、はい……問題はかなり費用がかかることです。

ドグマF12とFの違い──何が変わったのか──

ドグマシリーズは現在20年以上の歴史を持っています。

そして新しいモデルは完全に新しいマシンではなく、F12 をブラッシュアップしたものです。現在のDogmaF12とは視覚的に微妙な違いがありますが、全体的な設計思想とデザインは同じです。

まさにピナレロが作ることができる最高のオールラウンドレースバイクを具現化しているのです。

完全に新しいフォークの先端とテールから、ブレーキラインを隠すように美しく彫刻されたフレーム、完全に統合されたコックピットまで、確かにエアロダイナミクスを向上させています。

しかし、ピナレロはエアロバイクと軽量クライミングバイクを分離したことはありません。

レースバイクとしてはこの「ドグマ」だけがあります

プライスタグはいただけませんが、私はこの潔い哲学に感謝します。

最も顕著な変更は、フレームから削ぎおとされた265gです。

フォークから58g、シートチューブから27g、その他のカーボンファイバーの節約を実現しました。

次に、3Dプリントされたチタン製のトップクランプでさらに35g節約しました。

バイクの形状、乗り心地、そして乗り心地は、ここまでのドグマの系譜を維持しました。

まさにレースのためのバイクです。

ライドインプレッション──「ライド」か「レース」か──

フィット感、形状、素材、パーツ、ホイール、タイヤなど、さまざまな要素がバイクの感触を形作ります。

DTSwissARC1400ホイールとRedAXSグループがおなじみのパーツであるため、フレームに集中することができました

Photo: Ben Delaney

手始めに、完成車付属のMOSTサドルは嬉しい驚きでした。

私のお気に入りのスペシャライズドパワーサドルとほぼ同じ形で、かなりの量のパッドが付いていました。

フィット感のすり合わせをすることも同様に楽しい経験でした。

ピナレロはなんと11フレームサイズ(F12の13から減少)を提供します。

これは、6または7が標準である大手ブランドのラインナップをちんけなものに見せます。

さらに、統合されたバー/ステムには16の異なる構成がありますが、これも現在の統合されたコックピットのトレンドの標準ではありません。

Photo: Ben Delaney

(ピナレロはバーの外側から外側まででサイズを測定していることに注意してください。120/ 42を注文しました。ステムの長さは予想どおりでしたが、38cmの中心から中心までのバーは驚きでした。)

言うまでもなく、バーの幅のエラーを除けば、フィッティングは箱から出してすぐに決まりました。

トレックのエモンダやスペシャライズドのターマックなど、他のトップエンドモデルと同じようにペダリングの剛性とサドルの上での快適さを感じました。

しっかりとしたペダリングプラットフォームは目立ちませんが、エアロ特性と快適な乗り心地が注目に値します。

バイクはだるくも漠然としてもいません。

道路の余計な衝撃の多くを吸収するだけです。

Photo: Ben Delaney

形状に関しては、73.2度のヘッドチューブ(サイズ56)と73度のシートチューブがレースバイクのジオメトリーにしっかりと収まり、これらの数字に加えて、レースバイクで見られるものと一致するスタックとリーチの数値が得られます。

これは、手で自転車を傾けても腰で自転車を傾けても、ステアリングがすばやく簡単であることを意味します。

Talon Ultraバーの複数の構成オプションと上部の形状に感謝しますが、狭くて細長いドロップセクションはちょっと私を悩ませます。

私の4番目と5番目の指は、長い下り坂で数回麻痺しました。

初めてこれに不快感を覚えたのは、ロッキーマウンテン国立公園の西側で12,000フィートから9,000フィートまでダウンヒルしたときです。

しかし、その後より緩いダウンヒルが同じ問題を引き起こしました。

それが私の手の肉や手のひらへの圧力によるものかは完全にはわかりませんが、もっと丸みを帯びたドロップ形状であればこの不快感は恐らくないでしょう。

幸いなことに、インテグレーテッドステムを持つ他のハンドルを使用することもできます。

写真を撮ったり確認したりする必要はありませんが、おそらくブレーキラインがステムを通り抜けており、ステムで内部ルーティングを受け入れるすべてのバーと互換性があります。

ピナレロの新しいアッセンブル

SRAMの新しいアッセンブルは、ヒルクライムの日にはピッタリでした。

このバイクは、SRAMの46/33クランクと10-33カセットを備えており、急勾配に適した組み合わせです。

このバイクの価格であれは、SRAMがオプションとして販売しているQuarqパワーメーターも付属しているはずです。

Photo: Ben Delaney

DT Swiss ARC 1400ホイールは、登るときに邪魔にならないように感じ、横風で少し帆の効果を追加します。

少し不安を感じたのは、峡谷を急降下していたときの特に突風の日だけでした。

ハブがうるさいので、自転車道に乗っているときにベルを鳴らして、来ていることを人々に警告する必要はありません。数秒間惰性で走るだけです。

チューブレスレディですが、ピレリのクリンチャータイヤとポリウレタンインナーチューブが付属しています。後者は私にとって新しいものです。

私は高速道路の岩がちりばめられた直線で1つをパンクさせてしまいました。

それらは確かに軽いですが、パッチを当てることはできず、安価でもありません。

Photo: Ben Delaney

まとめ

ピナレロドグマFは、敏捷性、効率性、安定性、快適さなど、競争力のあるライダーがマシンに求めるすべての特性のバランスをとった、優れたレースバイクです。 11のフレームサイズと16のバー/ステム構成により、セミカスタムフィットを効果的に選択できます。

しかし、何度も言っているように、価格は私たちのほとんどにとってこのバイクを手の届かないものにしてしまいます。

しかし私はそれでも、このバイクを作ったピナレロに敬意を表したいと思います。

CyclingWeeklyのファーストインプレッション

(Image credit: Simon Smythe

インプレの概要

ピナレロドグマFは、以前の、よりデータドリブンで設計されたドグマFシリーズに欠けていたイタリアンスタイルの一部を元に戻したようです。

曲がりくねった美しいデザインとそれに引けを取らない乗り心地-そしてさらに高速です:ピナレロのデータは、F12よりもエアロダイナミクスが改善されていることを示しており、より軽いコンポーネントとフレームセットが軽量化をもかなえたことを示しています。

概して、このバイクはこれまでで最高のドグマになるように形作られています。

(Image credit: Simon Smythe

2014年にピナレロドグマF8が発表されたとき、私たちはイタリアのアーゾロにある秘密のメディアキャンプに招待されました。

私たちはアルベルゴアルソーレのブティックホテルに泊まりました。

そこでファウスト・ピナレロが新しいバイクを発表しました。

それから私たちは彼と当時チームスカイだったベルンハルト・アイゼルと一緒に、ヒノキの木に囲まれた素朴なテラコッタ色の村を通り抜けてドロミテの丘陵地帯に向かいました。

7年後、2つのドグマと1つのパンデミックの後、ドグマFの発売はズーム上で行われました。

そこで私たちは自宅からビデオを見て、その後R&Dチームと少し厄介なQ&Aを行いました。

しかし、ピナレロはサリーの私の自宅の住所に自転車を発送しました。

私の近所のボックスヒルはあの日走ったモンテグラッパではありませんが、禁輸日の前に最初の乗車をすることができます。

ある意味では、ファウストが彼から身振りで示すことなく、より公正なテストになる可能性があります。

彼自身のカスタムされたゴールドのドグマとともに私たちのフィードバックを熱心に待っているのです。

設計思想とその美学

(Image credit: Simon Smythe

箱を開けて居間で組み立てた新しいドグマFは、実に違和感のある象徴的なものに見えました。おそらく普通の英国の環境ではそのエキゾチックなイタリアらしさを誇張していましたが、F8(先代の曲線美を誇るドグマ65.1 Think2と比較して残念なことに素朴に見えた)以来、ドグマはその形を取り戻してきました。

そして私にとってこれは最高です。

もちろんF10とF12が間にあったのですが、その間、まだ私は私が信じる「ドグマ」を探さなければなりませんでした。

今回、ピナレロはナンバリングを削除し、「F」だけを使用することにしました。 「ピナレロドグマはアイコンです」とプレスリリースは述べています。

「それは、数や表面的な分類を超えています、シンプルなFを選びました」

ピナレロがエアロロードとしてのF8を設計するためにディミトリス・カサニスとジャガーを連れてきたとき、多くの人々にとって、ドグマは少なくともその美学において何かを失いました

新しいドグマFでは、ピナレロが徐々に情熱を取り戻すことに抵抗できなかったかのように見えます。これは私にとって好ましいことです。

もちろん、エアロダイナミクスの向上と重量の減少は達成されています。

新しいドグマFはF12よりもわずかに高速ですが、カサニスと共同で元のF8の再設計をする中でかなり良い仕事をしたので、それほど大きな値にはなりませんでした。

重量について

(Image credit: Simon Smythe

ファウストピナレロは、取り扱い、信頼性、耐久性の理由から、サイズ53の目標重量として850gを維持することを主張しているため、フレームセットから265グラムが、軽量でかなり美しいチタン3Dプリントサドルクランプ、軽量のMOST TalonUltrafastによって節約されました。

一体型コックピット、軽量のONDAフォーク、軽量のシートポスト、軽量のスルーアクスル。

フレーム自体は、F12と同様に高弾性のTorayca1100カーボンで作られています。

テストバイクについてとフィッティング

(Image credit: Simon Smythe

ピナレロは、ディスクバージョンとリムブレーキバージョンの両方でドグマFを製造することにより、市場の流れに逆らいます。

イネオスグレナディアーズは、引き続きワールドツアーでリムブレーキに乗る唯一のチームであり、もちろんツールドフランスでも乗車しますが、ピナレロはDogmaの売上の80%がディスクブレーキになるだろうと予想しています。

そのため、私はディスクブレーキ版のテストバイクを送られました。

ハイエンドのSRAMRedeTap仕様のバイクです。 11サイズが用意されているので、ぴったりとフィットします。

新しいMOST TalonUltrafastバーにも16サイズがあります。

セットバックの異なる2つのシートポストを追加すると、実に合計で352のサイズの組み合わせが得られます。

ピナレロはまた、プロレーサーとレクリエーションライダーの両方のすべての人に役立つジオメトリに落ち着きました。

これは新しいドグマでも変わりません。

予想通り、サドルの高さを設定するだけで、Talon Ultrafastのステムの長さとバーの幅を事前に指定しておけば、とても快適でした。

バイクを組み立てると、美しく完璧な仕上がりと完璧な塗装だけでなく、シートポストウェッジを操作するシートチューブの後ろにある小さなトルクスボルト(それ自体が非常に素晴らしい)機能などの詳細にも感銘を受けました。

それに加えて目立たない銀色のデカールでそれらの隣にある小さな推奨トルクの表示も気に入りました。

(Image credit: Simon Smythe

実走インプレ

SRAM Redコンポーネントをペアリングした状態で、私はいつもの24マイルの周回コースに向かいました。

それは短く急な丘から始まり、最初にサドルから腰を浮かせてダンシングした時のバイクの剛性がわかる場所になっています。

ドグマは、一部のプロレベルのバイクのように残酷だと感じるほどには硬くありませんでした

決まり文句のように無駄がないことを確認するのではなく、運動エネルギーの一部を還元しているように、弾力があり活気に満ちているように感じました。

もちろん、これは素晴らしく軽いです-SRAM RedeTapディスクブレーキ仕様で6.8kgのUCI重量制限をわずかに超える程度です。

丘の反対側では、1マイルの下り坂のセクションを下っていくと、同じようにエネルギッシュに感じられ、予想外の平均速度が得られたことに驚きました。

私は一生懸命ペダルをこぐよう、バイクに励まされました。

最も急なセクションでは、とても気持ちが良かったので、ギアを下げる必要はほとんどありませんでした。

そして、110回も走ったStravaセグメントで3番目に速いタイムを出しました、このタイムは2年間で最速のものです。

私はガトウィック空港のすぐ北にあるいくつかの小さな穴の開いた車線にいて、暗くなっていましたが、7年前にF8で風の心地よいモンテグラッパを走ったあの日と同じくらいライドを楽しめました。

私は全開で走り続け、コース全体をここ2年間で最速のタイムで走り、平均速度は時速21.6マイルでした。

ピナレロはエアロバイクとクライミングバイクを区別しないことを強調しました。これは私にとって正しい決断です。

ドグマFはヒルクライムもダウンヒルもこなし、平坦路でもエアロダイナミクスに優れており、非常に効率的で、快適で、夢のように感じます。

バイクは発売の前日にピナレロに戻らなければならなかったので私は1回しか乗ることができませんでした。

ロボット(当時チームスカイはこのように機械的なチームに見えていた)のためにロボットによって設計されたわずかに証明されたように見えるF8は、情熱ではなくデータに基づいて自転車を設計したにもかかわらず、ピナレロの本質が変わっていないことを私たちに納得させるために、バイクの画像にはロマンチックなイタリアの背景が必要だったかもしれませんが、ドグマFはしませんでした。

ドグマFの場合、イタリアから自転車を持ち出すことはできますが、このバイクからイタリアのエッセンスを持ち出すことはできないのだと結論付けるに至りました。

ドグマFは発売後の完全なレビューのために戻ってくると約束されていましたが、また乗るのが待ちきれません。 

まとめ:東京オリンピックを制した本物の「エアロオールラウンダー」

たったの2年の開発スパンでここまで性能を仕上げてきたことには、素直に驚きを隠せません。

ロードレース界の絶対王者として君臨するチーム・イネオスに相応しい本物のエアロオールラウンダーとなっています。

また、リムブレーキのオプションも存在するので、トラディショナルなリムブレーキ派にもおすすめできる一台じゃないでしょうか、ハイエンドモデルにはもうほとんどリムブレーキが残ってません。

今度は合わせるホイールがないかもしれないんですが……(ホイールもディスクブレーキに移行しているため)

ワイズロードオンラインではもう予約開始してます、怖っ

ワイズロードオンラインはこちらから

最新情報をチェックしよう!