SCOTTのエアロロードFOILが2021年モデルで新型にモデルチェンジ!!やっぱり完全内装!

どうも、せんちゃんです。

肝心のツールドフランスを明日に控えた今日この頃、またも新型です。

今度はスコットから人気のFOILがモデルチェンジ! またもディスクブレーキオンリー!

SCOTTのFOILがモデルチェンジ

SCOTTのFOILと言えば近代エアロロードの先駆けみたいなもんで、2代目が2015年に登場してから4年間ラインアップに留まっていたロングセラーモデルです(最近はモデルチェンジが早すぎる)

他社からゴリゴリでバッキバキのエアロロードが多数登場する中、それでも一線を張っていたのがスゴいですが、2016年にはパリルーベを制していることもあり、性能は折り紙付きです。

そんなFOIL君もあえなくモデルチェンジ、昨年はアディクトもモデルチェンジしたので、その流れに乗ってます。

https://overwhelming-growth.com/%e3%82%b9%e3%82%b3%e3%83%83%e3%83%88%ef%bc%88scott%ef%bc%89%e3%81%ae%e6%96%b0%e5%9e%8b%e3%82%a2%e3%83%87%e3%82%a3%e3%82%af%e3%83%88%ef%bc%88addict%ef%bc%89%e3%81%8c%e7%99%bb%e5%a0%b4%e3%80%812020

フレームは前作とほぼ一緒!?

さて、そんなFOILですが、実はフレーム形状は前作とそんなに変わってません。

変更点と言えば……

ドロップアウトの形状……よりホイールの脱着がしやすくなりました(プロチームからの要望により)

ディレイラーハンガー……ダイレクトマウントと通常タイプが選べるようになりました。

じゃあモデルチェンジちゃうやんって感じですが、そこはSCOTT、ちゃんと変わってます。

フォークがケーブル完全内装対応に!

フォークが新設計(アディクトと同様)によってケーブル完全内装に対応!

現代エアロロードへとアップデートされました。

恐らくシートポストもアディクトと同型の軽量タイプに変更されてるはず。

ケーブル完全内装は最早常識

最近はアルミロードですら完全内装なので最早常識ですが、アディクトと同様のクレストンICSLハンドルと分割式のコラムスペーサーのおかげもあって、完全内装になりました。

タイヤクリアランスは30cまで

恐らくシートポストは変わってる……はず……

エアロダイナミクス

サイクリングウィークリーの実験では、リンブレーキタイプのVENGEバイアスより若干エアロだった、ということで一般的なケーブル内装で削減できる3w+クレストンICSLの抵抗削減量でー5w+αってところじゃないでしょうか。

重量

もとのFOILプレミアムディスクがフレームで970g+フォーク320gぐらい(個体差あり)だったので、今作もおんなじぐらいと予想されます。

ただ、ハンドルやシートポストが軽くなっているので、システムウェイトは50~100gくらい軽くなるんじゃないでしょうか。

完成車で先代が7.4㎏くらいだったので、7.2㎏ぐらいが妥当なところですね。

気になるお値段

一番上のFOILプロがデュラエースDi2組で113万8600円くらい

セカンドグレードのFOIL10がスラムFORCE Etap組で76万くらい

その下のFOIL20がアルテグラDi2組で69万くらい

ボトムのFOIL30がアルテグラ組で51万くらい

まぁ、高いわな。

まとめ:派手さはないものの、着実な進化

正直もう少し進化するかな、って思ってましたが、前作が秀逸だっただけに期待値がデカすぎたかしら……

でも、完成車重量は軽くなりそうですし、ターマックSL7と比べちゃ酷ですが、VENGEとはタメ張れそうな気配がしますね!

最新情報をチェックしよう!