SCOTTから2022モデルで新型グラベルバイク「Addict Gravel」が登場!(公式動画アリ)

SCOTTから新型グラベルバイク「Addict Gravel」が発表されたのでご紹介します。

https://bikerumor.com/2021/07/08/2022-scott-addict-gravel-carbon-gravel-bike-is-all-new-aero-all-integrated/

エアロカーボングラベルバイク&ケーブルフル内装

Addict Gravelは、何年も前にシクロクロスAddict CXバージョンから派生して以来、実際には大きなアップデートは見られませんでしたが、すでに軽量で用途の広いオールラウンダーでした。しかし、安定したシクロクロスのジオメトリとCXタイヤを飲み込むのに十分なクリアランスでさえ、現在のグラベルの進化には対応していません。そこでバイクはこのように進化しました。

どこが新しくなったのか

最も明白なアップデートは、エアロロードバイクじみたルックスへの移行です。スコットは、オフロードの能力と快適さはオンロードの速度と対立する必要はないと主張しています。そのため、新しいAddict Gravelは、スコットが特許を取得したD字型のエアロフォイルチューブ形状と、最近更新されたAddictRCロードバイクのD字型のSyncrosDuncan Aero SLシートポストに加えて、さらに劇的にドロップされたフラットトップシートステイを継承しています。

スコット(SCOTT)の新型アディクト(ADDICT)が登場、2020年モデルでの発表は?

インテグレートは次の大きな空力的要素であり、新しいスコットアディクトグラベルはすべてのケーブルルーティングで完全内装を実現しました。特別な1.5インチのヘッドセットの前のヘッドチューブ内に機械式および電子式シフトケーブルと油圧ブレーキホースの両方を内装します。

新型は、一体型カーボンハンドルとグラベルに最適なエルゴノミクスを組み合わせた、まったく新しいSyncros Creston iC SLXも備えています。

335g Creston iC SL Xバー(100x420mm)は、オフロードでのコントロール性を追求したドロップでの16°のフレア(両端で+ 2°の外向きフレア)、10mm深いドロップ、さらに薄くされているが一方で補強されたセクションを備えています。

厚めのグラベル向けバーテープへのスムーズな移行と追加の振動減衰を可能にするトップ、および標準のSyncrosアダプターと連携したライト、GoPro、またはアウトフロントGPSマウントもついています。

スコットは常に自社のバイクを他社よりも軽くしようと努力しているようですが、新しいカーボンアディクトグラベルは絶対的な最軽量よりも快適さと耐久性を優先しているようです。フレームは930g(54cm HMX塗装)、フォークは395g(ノーカット)と言われていますが、それでも軽量ですが、以前のCXにインスパイアされたバージョンよりも約75g重くなっています。スコットは、HMXカーボンフレームの「巧妙なレイヤリングと補強」により、「非常に軽量でありながら非常に耐久性のあるフレームセット」を実現していると述べています。

すべてが新しいグラベル専用ジオメトリー

新しいグラベルバイクは、オンロードまたはオフロードでのコントロール性を向上させるためにバランスが取れるように設計されており、フレームリーチが長くなり、フォークレーキが長くなり、ボトムブラケットが71mmに下がり、ステムの長さが短くなります。これにより、つま先とホイールとのクリアランスが増え、全体的に軽快なハンドリングが可能になるため、テクニカルなトレイルを走るときの自信が増します。

冒険の準備もできている

そして、ジオメトリがすべてに対応できるようになったことで、Scott AddictGravelはさらにアドベンチャーチックなライドに対応しています。 700c x 45mmのタイヤクリアランスの増加は、オフロードをさらに走るのに大いに役立ちます。しかし、それはまた、あなたが40mm幅のタイヤを使っていて、一年中乗っているか、通勤しているかの間にあなたの足とおしりを乾いた状態に保つことを可能にする隠されたフルカバーのフェンダーマウントを含みます。

新しいグラベルバイクには、アクセサリマウントもあります。

メイントライアングルの内側に2ポジションのボルトを備えた2つのボトルケージマウントに加えて、トップチューブバッグ用のダイレクトマウントとボトムブラケットの前にもう1つボトルケージマウントがあります。フォークにはそれ以上のマウントはありませんが、スコットは、完全に内部ルーティングされているため、ケーブルとハンドルバーバッグの間に干渉がないことも意味しています。

各種規格について

Scott Addict Gravelは、PF 86.5のボトムブラケット、独自のD型シートポスト用の比較的従来型に近いシートポストクランプ、統合されたX12ディレイラーハンガー、12mmのスルーアクスル、および160 / 180mmフロントローターと140 / 160mmリアローター用のフラットマウントを備えています。 2xドライブトレイン用の取り外し可能なフロントディレイラーマウントを備えており、1xセットアップ用のシンプルなチェーンデバイスと交換できます。

ラインアップ

新しいアディクトグラベルには完成車で5種類のラインアップがあり、2つのカーボングレードで最寄りのスコットディーラーから入手できます。

軽量なHMXカーボンフレームにSRAM RED AXSとカーボンのDTSWISS ERCホイールで調整された8700€(113万くらい)のトップエンドモデル

より手頃なHMFカーボンフレームにSRAMForceAXSを備えた5700€(74万くらい)のAddictGravel10と機械式GRXを備えた2600€(34万くらい)のAddictGravel30。 1xおよび2xのSRAM eTap AXSシリーズの完成車の両方に加えて、より手頃な価格の機械式のShimano GRX2x完成車が購入可能です。

ContessaAddict Gravel 15完成車は、同じHMFカーボンフレームとShimano GRX 2xメカニカルビルドを備え、女性専用のサドル、幅の狭いバー、美しいペイントを備えています。

追加の完成車のオプションも「間もなく登場」する予定であり、同じインテグレートの多くが、アップデートされるであろうアルミ製のSpeedsterGravelにも間もなく登場すると予想されます。

まとめ:エアログラベルロードも今後のトレンドか

SCOTTが出してきた新型グラベルバイクですが、ここんところの各社の動きの中で出てきたエアログラベルロードそのものです。

エアロオールラウンダーに加えて今後のトレンドになっていくんやろなぁ……と感じざるを得ません。

最新情報をチェックしよう!