Specializedの新型ハイエンドアルミバイク「AllezSprint」の海外インプレ

モデルチェンジしたAllezSprintの海外インプレです。

CyclingTipsのインプレ

新しいAllez Sprintが登場しました。
そして、クリテリウム・レーシングが再び湧き上がる時期に、レースに特化したアルミニウム・プラットフォームが登場しました。
2015年に初めて登場したオリジナルのAllez Sprintは、エアロチューブプロファイル、剛性構造、アグレッシブなジオメトリ、達成可能な価格帯の組み合わせで、Red Hookレーサーたちの間ですぐにカルト的人気を持つバイクとなったことは記憶に新しいです。
スペシャライズドはCAADシリーズでキャノンデールが持っていたパイを狙いましたが、その古いCAADのように、古いAllez Sprintsは今でも中古市場で驚くほど高値で取引されています。
2022年の新型Allez Sprintは、そのオリジナルレシピから大きく外れることなく、全面的に改良されたマシンであり、今や同社のフラッグシップレースバイクTarmac SL7を効果的に再現したものとなっています。
そして、驚くなかれ、ディスクオンリーなのです。
この2週間、新型Allez Sprintを試乗し、このアルミレースバイクの得意なところと不得意なところを理解するのに十分な時間がありました。
このレビューでは、何が新しくなったのか、技術的な詳細について知っておくべきこと、そしてどのように機能するのかについて説明します。

インプレの概要

これは何?
スペシャライズドのアルミ製ロードレースバイクの完全な新バージョン。
主な変更点
Tarmac SL7から流用したチューブ形状、統合ケーブルルーティング、ディスク専用設計、32mmラバーのタイヤクリアランス。
前作よりもエアロ、剛性、コンプライアンスを向上させたという。
しかし、少し重くなっています。
重量
1,511g(52cm塗装済みフレーム単体、金具付き)。7.65kg(テスト時、ペダルなし)。
価格
1,700米ドル/2,400オーストラリアドル/1,599ポンド(フレームセット、テスト時)、完成車3,000米ドル/4,200オーストラリアドル/2,650ポンドから。
高ポイント
超反応の良いハンドリング、瞬時のパワー伝達、本物のレースバイクのようなフィーリング、通常のステムとハンドルバーを使用できる、良好なタイヤクリアランス、ねじ式ボトムブラケット、見た目、豊富なフレームセットオプション。
悪い点
どちらも高品質だがシートポストとヘッドセットが独自規格。

実走インプレ

剛性感

新しいロードバイクやコンポーネント、サイクリングシューズについて語るとき、おそらく最も陳腐な言葉として投げかけられる言葉でしょう。

しかし、怒りに任せてペダルを踏み込んだとき、あるいは舗装されたばかりの舗装路でタイヤをぎりぎりまで押し込んだとき、より硬いバイクがより良く感じられることに異論はないでしょう。

そして、Allez Sprintには、そんなフィーリングがあります。

https://cyclingtips.com/2022/03/2022-specialized-allez-sprint-review/より
最近のキャノンデールCAAD13は快適性を追求するあまり剛性を犠牲にしすぎているとの指摘もありますが、スペシャライズドはそうしたパワー系ライダーに訴求することを狙っているのは明らかでしょう。
ハンドルバーとフロントタイヤ、あるいはボトムブラケットとリアアクスルの間には、明らかなつながりがあります。
そして、Tarmacが得意とする紛れもないクイックなハンドリングを組み合わせると、このバイクはまさに限界まで走りたいという気持ちにさせてくれます。
新しいAllez Sprintは、前作よりも快適です。
アルミの遠い過去のボーンシェーカーからは程遠いですが、それでもスペシャライズドがキャッチコピーで信じさせるよりも多くのフィードバックを生み出します。
路面を鈍らせそうなほど超スムーズで快適な乗り心地を提供するバイクは市場に数多く存在しますが、Allez Sprintはそのようなバイクではないのです。
しかし、このようなフレームを介したフィードバックには、メリットがあります。
舗装のひび割れ、砂利の跳ね返り、そして舗装されたばかりの舗装路の至福の時を感じることができるのです。
目を閉じると、車輪が道の輪郭に沿って動き、エネルギーを奪う亀裂がどこにあるか、そしてバイクがそれに合わせて転がっているのが感じられるのです。
経験豊富なライダーであれば、このフィードバックによって、リアタイヤの制動力、スプリント時の体重配分、膝を落として走るのに適した路面キャンバーなどを感じ取ることができるのです。
タイヤクリアランスを最大にすれば、快適性が増し、ステアリングが落ち着くのは間違いありませんが、硬めの乗り心地とクイックなハンドリングのベースラインから針がずれるだけです。
https://cyclingtips.com/2022/03/2022-specialized-allez-sprint-review/より

ジオメトリーの観点から、スペシャライズドのパフォーマンスロードバイクは真のレースバイクであり、多くの場合、競合他社に比べてよりアグレッシブなスタックとリーチの数値を特徴としています。

また、Tarmac SL7のように、Allez Sprintではサドルからハンドルバーまでの落差が大きくなることが予想されます。

また、ステムを上向きにして走ることもできますが、Allez Sprintはリラックスしたエンデュランススタイルのライディングポジションを想定していないことも覚えておいてください。 

そうは言っても、超攻撃的なポジションで走ることができ、しばしば-17°のステムとスペーサーなしでポジションを合わせる、ごく少数の人たちには、いくつかの制約があるかもしれません。

プラスチック製の上部ヘッドセット カバーを使用する必要があり、超低いバー位置はケーブルの配線経路を複雑にする可能性があります。

https://cyclingtips.com/2022/03/2022-specialized-allez-sprint-review/より
一方、エッジの効いたハンドリングのため、小さいサイズではつま先のオーバーラップは当たり前です。
これは多くのレースバイクでは当たり前のことですが、タイヤが大きくなるにつれて、より顕著になってきています。
私は、低いボトムブラケットドロップがもたらすしっかりしたハンドリングが好きですが、タイトでテクニカルなクリテリウムコースでペダルを踏んでコーナーを通過しようとする人には、注意すべき点でしょう。
このバイクは、乗っていて楽しいし、超高速に感じられることは否定しません。
しかし、このような剛性は実際にあなたを速くするのでしょうか?
データがないので何とも言えませんが、速く感じるものが遅く感じることはよくありますし、速く感じるのはバイクが路面と争っている場合もよくあります。
この例えは、マウンテンバイクに乗ったことがある人にしか通用しないかもしれませんが、私の話に付き合ってください。
マウンテンバイクでハードテイルとデュアルサスペンションを選択する場合を考えてみましょう。
ハードテール(前輪のみサスペンション)は、路面をより多く伝えてくれるため速く感じ、フルサスペンション(両輪サスペンション)は、路面を鈍らせてしまうため遅く感じるのです。
Allez Sprintはハードテールであり、パワー入力に対する即効性と、硬いスプリングのサーキット走行車のハンドルを握ったような乗り心地で、ライダーを満足させるバイクである。
スムーズで高速な道では、まるでゾンビ映画の主人公のようにライバルの脚を引きちぎる、ボス級のバイクハンドリングを体感できるだろう。
https://cyclingtips.com/2022/03/2022-specialized-allez-sprint-review/より

純粋に速さを求めるなら、もっといいバイクがあるかもしれませんが、前作のAllez Sprintが成功したのは、そういうことではありません。

むしろ、目に見える性能と、かなり手頃な価格でありながら、クラッシュしたときに気になる傷跡を見せてくれるバイクという組み合わせが魅力だったのです。

また、見た目も派手で、速いというのも大きな魅力でした。

CAADを成功に導いたのはこのレシピであり、オリジナルのAllez Sprintsが近年間違いなく引き継いだ方程式でもあるのです。

高い価格設定は、おそらく新しいAllezスプリントをブートストラップ大学レーサーの候補からは外れますが、それ以外は、それは確かにスペシャライズドは、多くが愛することをおなじみの料理を提供しているようだ。

新型AllezSprintは誰に向いたバイク?

ジャスティン・ウィリアムズとL39LION of Los Angeles(クリテリウムレーサー)のクルーだとも言えるでしょう。
Allez Sprintを楽しむのにプロレベルのクリテリウムのスペシャリストである必要はないでしょう。
そういう用途にはちょうどいいくらいですが。
ただ、気をつけなければならないのは、このバイクが高速なハンドリングとアグレッシブなフィットを備えたレースバイクであるということです。
下りで神経質な人や、振動疲労が激しいサドルを長時間使う人には、もっといいロードバイクの選択肢が無数にあるはずです。
スペシャライズドのカーボンバイクに比べれば、若干手が届きやすい価格設定かもしれませんが、Allez Sprintは、街のサインスプリントやクラブのクリテリウムでの栄光を目指す、より経験豊かなライダーの下に最も適したバイクであることに変わりはありません。

おまけ:アルミバイクのサスティナビリティ

アルミ製の自転車は、カーボンファイバー製のフレームよりも持続可能な選択肢のように感じられるかもしれませんが、この素材は損傷を伝えることが多く、簡単にリサイクルできますが、修理はそれほど簡単ではありません。
スチール、チタン、カーボンファイバー製フレームのあらゆる損傷は、しばしば修理することができます。
しかし、軽量アルミフレームを構造的に修理してくれるフレームビルダーはまずいないでしょう。
この素材は過度の熱サイクルにうまく対応できないのです。
スペシャライズドは、Allez Sprintがより環境に優しい選択であるという主張をしていません。
全体的に、新しいAllez Sprintは、簡単な所有権を確保するために、簡単なコンポーネントの互換性を持っています。
それは、業界標準のホイール間隔、最も一般的なボトムブラケット規格を使用し、ヘッドセットは、これらのベアリングシートが今まで摩耗になる場合に備えてプレスフィットカップを使用して、さらにその中のヘッドセットベアリングは、ソースにあまりにも難しいことではありません. 
しかし、ヘッドセットトップキャップ(理論的にはFSA SMR/ACRシステムのようなものをこのバイクに取り付けることができるでしょうが)、ヘッドセットウェッジアセンブリ、シートポスト、およびシートクランプは、スペシャライズドの現世代のパフォーマンスロードバイクの独自仕様です。
スペシャライズドは公式に、そのモデルの最終生産年から7年間はサービスおよび交換部品を利用できるようにしています – これはまともな期間です。
それでも、何十年もバイクを所有することを想定するならば、特定のパーツを長期にわたって入手できることは検討する価値があります。
https://cyclingtips.com/2022/03/2022-specialized-allez-sprint-review/より

訳者まとめ:スパルタンなハイエンドアルミバイク

いつかは出るだろうと言われていたAllezSprintの新作がまさかここまでハイエンドチックなものになるとは小生も予想していませんでした。

フレームはまるっきりターマックSL7のコピーだし、明確にレーサーを相手にしたマーケティングを展開しています。

スペシャライズドのS-WORKSターマックSL7 2021年モデルの海外インプレ──現時点で最高のバランス──

フレームもかなりスパルタンなようで、記事でも言及されているようにCAAD13でがっかりした人にはピッタリのレースバイクなようです。

最新情報をチェックしよう!