(速報)ついに新型デュラエースR9200と思われるコンポーネントがベルギー・ツアーにて目撃される、発表間近か(画像多数)

bikeradarが独自入手した情報によると、新型デュラエースR9200はベルギーツアーにて実戦投入されているとのこと

https://www.bikeradar.com/features/shimano-dura-ace-r9200/

バロワーズベルギーツアーで少なくとも2台のチームDSMのバイクに装着されたコンポーネントは恐らく新型デュラエースと思われます。

主な変更点は、12sへの移行と新しいシフターが含まれます。全体的な見た目は現行のグループセットと似ていますが、クランクセットはより角張っていて、フロントディレイラーは小さく、リアディレイラーはより細いです。

ただし、重要な部分の1つは未解決のままです。フロントとリアの両方のディレイラーにワイヤーがフレームに接続されているため、グループセットがセミワイヤレスかフルワイヤードかを判断することはできません。

変更点のまとめ

photo Dion Kerckhoffs/Cor Vos © 2021
  • 12s化は確定
  • シフターはよりエアロダイナミクスに優れた形状になり、グリップのテクスチャも同様であr津。
  • クランクセットはより角ばったものになり、デュアルサイドのパワーメーターを装着している。
  • 現時点ではMTB向けのXTR MT900のディスクローターを装着しており、それからまだリムブレーキ版は目撃されていない。
  • 今のところワイヤレスかどうかは判断できない。
photo Dion Kerckhoffs/Cor Vos © 2021
photo Dion Kerckhoffs/Cor Vos © 2021
photo Dion Kerckhoffs/Cor Vos © 2021
photo Dion Kerckhoffs/Cor Vos © 2021
photo Dion Kerckhoffs/Cor Vos © 2021

新しいグループセット(ほぼ確実にDura-Ace R9200と呼ばれる)が実際に登場したことは、そのリリースが差し迫っていることを示唆しています。

シフターは現在のDura-Aceとは全然異なっています。

以前は各レバーの前面全体が見えていましたが、ピボットの上のすべてが後ろに隠れており、おそらくエアロダイナミクスを追求しています。 レバーの形状は以前と似ていますが、単に外側に広がっているのではなく、バーからわずかにずれているように見えます。

フードも隆起した質感のグリップを採用しています。このデザインは、ShimanoのGRXグラベルグループセットに見られるものと同じですが、ここではあまり目立たない変化です。

DSMのメカニックは、フードの外面からDura-Aceのロゴを削り取ろうとしましたが、全体的な輪郭は依然として明確であり、これがほぼ確実にDura-Aceであることを示しています。

バイクの他の場所のロゴはテープで隠されています。

シフトレバー(現行のものよりも大きいように見えます)には、グリップを提供するためのディンプルの代わりに、裏地が付いた、場合によってはゴムのグリップがあります。

パワーメーターはどうなるのか

photo Dion Kerckhoffs/Cor Vos © 2021
photo Dion Kerckhoffs/Cor Vos © 2021

クランクの形状はDura-Ace9100とはかなり異なります。

シマノは4アームのデザインにこだわっていますが、クランクアームとスパイダーは以前よりも角ばっており、Dura-Aceロゴの上下に隆起した部分があります( Dura-Aceのロゴがあるべき場所)とアームの端に斜角があります。

このバイクのチェーンリングは、前世代のグループセットほどきちんと統合されていないため、ネタ元のBikeRadarチームの一部は、これらが製品版ではない可能性があると推測しています。

実際、写真に写っているチェーンリングは、TAスペシャリティーズなどのサードパーティ製チェーンリングと一見似ています。ただし、はっきりとは言えません。

クランクセットには両面パワーメーターも装備されています。

2020年にシマノがパイオニアを買収したことを考えると、ブランドがどの技術を採用しているかを見るのは興味深いことです。

小さく/細くなった前後ディレイラー

photo Dion Kerckhoffs/Cor Vos © 2021
photo Dion Kerckhoffs/Cor Vos © 2021

ダイレクトマウントのリアディレイラーは、9150 Di2リアディレイラー似ていますが、少し細くて角張っています。

フロントディレイラーは、以前より少し小さくなっているように見えます。

リアディレイラーのケージは現行モデルよりもかなり長いようで、ミディアムケージ(GS)バージョンがラインアップに含まれている可能性があります。

これはDura-Aceにとっては初めてのことです。

現在、最大30tのカセットを使用できる短いケージバージョンのみが利用可能です。 ShimanoはDura-Aceでより大きなカセットを提供するようになるのでしょうか?

12s化は確定

SRAMとCampagnoloの両方に続いて、グループセットは12スピードになりました。写真からはカセットの歯数がわかりませんし、バイクが新しいチェーンを使用しているかどうかも確認できません。

photo Dion Kerckhoffs/Cor Vos © 2021

ただし、12sのロードとマウンテンバイクのグループセットの間に少なくともある程度の相互互換性があると考えるのは現実的ではありません(チェーンは現在のすべてのロード、グラベル、マウンテンバイクの11sのグループセットで共有されています)。

リムブレーキ版はどうした

バイクには、Shimano XTRMT900マウンテンバイクローターのペアが取り付けられています。 プロチームがしばらくの間これらを使用していることは広く公表されています。

多くの人がこれはDura-AceRT900ローターと比較して軽量化であると推測していましたが、ここでは、Shimanoがロードでもこれらを正式に採用していることを意味している可能性があります。

photo Dion Kerckhoffs/Cor Vos © 2021

その点で、これまでのところ、グループセットのディスクブレーキ版しか見ていません。 Team Ineos-Grenadiers(まだリムブレーキを標準で使用している唯一のワールドツアーチーム)が、未リリースのPinarello Dogma F14での最終的な公式リリースに先立ってグループセットを使用しているのが見られない限り、新しいDura-Aceがどうなるかを確認することはできません。

ピナレロのDOGMA F14!? ジロ・デ・イタリアにて謎のバイクが目撃される、2022年モデルか⁉(6/4追記)

バイクには、ブランド化されていないミドルハイトのカーボンチューブラーホイールが取り付けられています。これらはほぼ間違いなく、2020年ツールドフランスで多くのチームが乗っていたものと同じホイールです。

これらのホイールが、11tの最小ギアを備えたDura-Ace9100で使用されていたことは興味深いことです。 Shimanoのホイールは通常、交換可能なフリーハブを備えていないため、ブランドが新しいグループセットに10tのギアを採用しない可能性があります。

ワイヤレスかどうかは依然として不明

大きな問題の1つは、Shimanoがワイヤレス化を計画していたのか、最近の特許が示唆しているように、新しいフラッグシップグループセットでセミワイヤレス化するのかということでした。

Shimanoの特許は後者を示しているようであり、フロントとリアのディレイラーに接続されたワイヤーの存在から、それは私たちがここで見ることができるものに基づいている可能性が高いです。 レバーがシステムの他の部分に物理的に接続されていない可能性があります。Shimanoの特許では、シートチューブにワイヤレスレシーバーを使用してレバーをディレイラーと通信できるようにすることを提案していますが、これらの画像からはわかりません。

デザインについて

R9200で根本的にデザインが刷新され、まったく新しいデザインになることを望んでいたのなら、がっかりするかもしれません。配色は、R9100シリーズのDura-Aceの黒/灰色の色調から逸脱していないように見え、非常によく似た光沢のある仕上がりになっています。

ShimanoがDura-Ace9000の系譜を引き継ぎ、もっと銀をデザインに入れ込むのではないかと思っていましたが、ここでは確かにそれを確認していません。

前述のように、ディレイラーは大幅にスリム化され、クランクセットは全体的に角度が大きく、9100よりも外面が平らでエッジが鋭くなっています。 完全を期すために、バイクに取り付けられているペダルは既存のPD-9100オプションです。

まとめ、本発表を待て

まだまだ製品化の前段階である可能性も否定できないので、勿論本発表を待つしかありませんが、これでほぼ確定ではないでしょうか

個人的にはパワーメーターがパイオニアの系譜であってほしいところです。買収されてしまったとはいえ、非常に人気のあった製品ですし、あれを推す声は大きかったので……。

最新情報をチェックしよう!